大相撲平成22年5月場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大相撲平成22年5月場所(おおずもうへいせい22ねん5がつばしょ)は、2010年5月9日から5月23日まで両国国技館で開催された大相撲本場所

幕内最高優勝横綱白鵬翔(15戦全勝・2場所連続14回目)。

場所前の話題など[編集]

番付発表は4月26日。前場所14勝敗の好成績を上げた把瑠都が場所後の3月31日に大関に昇進し、平成21年11月場所の千代大海の陥落以来の5大関となった。

また、大関魁皇は平成5年11月場所から継続している連続幕内在位記録を当場所で100場所とした(幕内通算在位記録は101場所)。

番付・星取表[編集]

成績 結果 番付 西 成績 結果
白鵬 15勝 優勝 横綱
日馬富士 9勝6敗 大関 琴欧洲 9勝6敗
琴光喜 9勝6敗 大関 魁皇 9勝6敗
大関 把瑠都 10勝5敗
稀勢の里 8勝7敗 関脇 安美錦 5勝10敗
琴奨菊 9勝6敗 小結 栃煌山 7勝8敗
豊ノ島 5勝10敗 前頭1 雅山 5勝10敗
豊真将 7敗8休 前頭2 栃ノ心 8勝7敗 敢闘賞
鶴竜 6勝9敗 前頭3 若の里 6勝9敗
北太樹 7勝8敗 前頭4 朝赤龍 9勝6敗
岩木山 全休 前頭5 白馬 10勝5敗
時天空 8勝7敗 前頭6 黒海 3勝12敗
玉鷲 3勝12敗 前頭7 旭天鵬 9勝6敗
垣添 7勝8敗 前頭8 豊響 8勝7敗
土佐豊 7勝8敗 前頭9 豪栄道 9勝6敗
阿覧 12勝3敗 敢闘賞 前頭10 隠岐の海 5勝10敗
猛虎浪 8勝7敗 前頭11 德瀬川 9勝6敗
豪風 8勝7敗 前頭12 木村山 7勝8敗
嘉風 9勝6敗 前頭13 高見盛 8勝7敗
栃乃洋 3勝12敗 前頭14 北勝力 7勝8敗
若荒雄 10勝5敗 前頭15 霜鳳 10勝5敗
光龍 5勝10敗 前頭16 玉乃島 5勝10敗

優勝争い[編集]

場所序盤は前場所の展開と同じく、横綱・白鵬と新大関・把瑠都が一歩抜け出て場所を引っ張る形となった。把瑠都を除く4大関を連破した栃ノ心の活躍もあり、他の大関が序盤に土を付けていく中、白鵬と把瑠都の2人が7日目まで全勝を守って並走した。

しかし、把瑠都は中日の鶴竜戦で初黒星を喫すると、翌9日目の魁皇戦には勝利するが、その後の横綱大関戦に全敗と大きく崩れ、そのまま全勝を守る白鵬との差が開いていった。

12日目の時点で把瑠都は4敗となり、優勝争いから脱落した。白鵬以外では3敗の日馬富士白馬阿覧にのみ優勝の可能性があったが、翌13日目に白鵬が琴光喜を破って13戦全勝とした時点で白鵬の14回目の優勝が決定した。白鵬はそのまま千秋楽まで勝ち続けて2場所連続・自身6回目の全勝優勝を果たした。

13日目に早々と優勝が決定したため、白鵬が千秋楽の優勝インタビューにて「優勝が早く決まり過ぎてすみませんでした」と発言する一幕もあった。

各段優勝・三賞[編集]

  • 幕内最高優勝 白鵬 15戦全勝(2場所連続14回目)
    • 殊勲賞:該当者なし
    • 敢闘賞:栃ノ心(2回目)、阿覧(初)
    • 技能賞:該当者なし
  • 十両優勝 武州山 11勝4敗
  • 幕下優勝 前田 7戦全勝
  • 三段目優勝 拓錦 7戦全勝
  • 序二段優勝 齊心 7戦全勝
  • 序ノ口優勝 竜王浪 7戦全勝

トピック[編集]

  • 千秋楽に大関・魁皇が元横綱・千代の富士以来となる史上2人目の通算1000勝を達成した。
  • 場所中、大関・琴光喜野球賭博に関与して元幕下力士に恐喝されていたことが週刊誌で報道され、物議を醸した。

参考文献[編集]

<<
平成21年11月場所
平成22年
>>
平成23年1月場所
1月場所 3月場所 5月場所
7月場所 9月場所 11月場所