大矢博子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大矢 博子
誕生 (1964-11-01) 1964年11月1日(54歳)
日本の旗 日本大分県
職業 ライター
書評家
最終学歴 北九州市立大学外国語学部
活動期間 1999年 -
ジャンル 書評
ブックナビゲーター
文庫解説
推理小説
代表作 「読み出したら止まらない! 女子ミステリーマストリード100」(日本経済新聞出版社、2015年)
「歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド」(文藝春秋、2017年)他
デビュー作 「脳天気にもホドがある。燃えドラ夫婦のリハビリ日記」(東洋経済新報社、2010年)
日本推理作家協会に所属
テンプレートを表示

大矢 博子(おおや ひろこ、1964年[1]11月1日[2] - )は、日本ライター書評家[3]大分県生まれ[4]名古屋市在住[1]

来歴[編集]

北九州市立大学外国語学部から民間気象会社を経て、1999年より執筆活動を始める[2]。趣味で始めた書評サイトをきっかけに書評家となり、新聞・雑誌への書評寄稿の他、文庫解説多数[4]。ブックナビゲーターとしてラジオ出演や読書会主宰、講演、イベント司会などで活躍[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • 脳天気にもホドがある。燃えドラ夫婦のリハビリ日記 東洋経済新報社 2010年
  • 読み出したら止まらない! 女子ミステリーマストリード100 日本経済新聞出版社 2015年 (日経文芸文庫)
  • 歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド 文藝春秋 2017年 (文春文庫)

編著[編集]

収録[編集]

  • エロスの記憶「オール讀物」官能的コレクション2014 文藝春秋 2014年

出演[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大矢博子 ダ・ヴィンチニュース
  2. ^ a b 会員名簿”. 一般社団法人日本推理作家協会. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部主催 国際文化フォーラム”. 椙山女学園大学 (2016年5月17日). 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ a b c 『読み出したら止まらない!女子ミステリー マストリード100 日経文芸文庫』より