大矢恭好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大矢 恭好(おおや やすよし、1962年昭和37年)4月19日[1][2] - )は、日本の銀行家実業家横浜銀行代表取締役頭取およびコンコルディア・フィナンシャルグループ取締役全国銀行協会副会長、全国地方銀行協会副会長。元コンコルディア・フィナンシャルグループ代表取締役。

経歴・人物[編集]

神奈川県出身[3]1985年一橋大学商学部を卒業し[3]、横浜銀行に入行。事務統括部長やリスク統括部長、経営企画部長、執行役員などを歴任したのちに、2012年には取締役となる。2015年には代表取締役常務へ昇進した[1][2][3]

2016年に横浜銀行と東日本銀行との経営統合で両行の親会社としてコンコルディア・フィナンシャルグループが設立されると、横浜銀行の代表取締役を降りて取締役に就任する代わりに、元横浜銀行頭取の寺澤辰麿や当時の東日本銀行頭取の石井道遠とともに、コンコルディア・フィナンシャルグループの代表取締役に就任している[1][2]

2018年、寺澤と石井の退任となるが、後任のコンコルディア・フィナンシャルグループ代表取締役社長には大矢でなく、川村健一が就任した。大矢はコンコルディア・フィナンシャルグループの代表を降りて取締役に就任する代わりに川村の後任として横浜銀行の代表取締役頭取に就任した[4]2019年全国銀行協会副会長[5]全国地方銀行協会副会長[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第2期有価証券報告書 (PDF)”. 株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ (2018年6月20日). 2019年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c 子会社役員の人事異動について”. コンコルディア・フィナンシャルグループ (2018年3月30日). 2019年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c 「横浜銀が『ミニ頭取』を設置、新頭取が語る次の一手大矢恭好頭取インタビュー」日刊工業新聞2018年08月07日
  4. ^ “横浜銀行頭取に大矢氏を内定”. 日本経済新聞. (2018年3月29日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO28727550Z20C18A3EAF000?s=3 2019年5月29日閲覧。 
  5. ^ 全銀協役員全国銀行協会
  6. ^ 「 役員名簿」全国地方銀行協会
ビジネス
先代:
川村健一
横浜銀行頭取
第15代:2018年 -
次代: