大石主税良金ら十士切腹の地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松平隠岐守三田中屋敷跡

大石主税良金ら十士切腹の地(おおいし ちから よしかねら じっし せっぷくの ち)は東京都港区三田二丁目にある史跡。かつて伊予松山藩中屋敷だった。現在は駐日イタリア大使館となっている。

元禄16年(1703年)2月4日に江戸幕府の命により以下の赤穂浪士が切腹した地で、その碑が昭和14年(1939年)に当時の駐日イタリア大使によって大使館敷地内に建立された。揮毫徳富蘇峰による。毎年10浪士の命日には駐日イタリア大使がそこで供養をおこなっている。

  1. 大石主税(良金)
  2. 堀部安兵衛(武庸)
  3. 木村岡右衛門(貞行)
  4. 中村勘助(正辰)
  5. 菅谷半之丞(政利)
  6. 千馬三郎兵衛(光忠)
  7. 不破数右衛門(正種)
  8. 大高源吾(忠雄)
  9. 貝賀弥左衛門(友信)
  10. 岡野金右衛門(包秀)

赤穂浪士終焉の地[編集]

四十六士がお預けとなった4藩の藩邸は、いずれも今日の東京都港区にある。

預先 江戸藩邸 史跡 所在地
細川越中守(綱利) 肥後熊本藩 高輪下屋敷 大石良雄外十六人忠烈の跡 高輪一丁目
水野監物(忠之) 三河岡崎藩 芝中屋敷 水野監物邸跡 芝五丁目
松平隠岐守(定直) 伊予松山藩 三田中屋敷 大石主税良金ら十士切腹の地 三田二丁目
毛利甲斐守(綱元) 長門長府藩 麻布上屋敷 毛利甲斐守邸跡 六本木六丁目