大石初太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大石 初太郎(おおいし はつたろう、1911年-2003年5月25日)は、日本国語学者国立国語研究所名誉所員。

来歴・人物[編集]

静岡県出身。静岡県立掛川中学校(現在の静岡県立掛川西高等学校)を経て、1939年東京文理科大学国文科卒業。国立国語研究所所員、専修大学教授、1982年定年となり文教大学教授を務めた。現代口語を研究し、『敬語』はロングセラーとなった。

著書[編集]

単著[編集]

  • 話しコトバの性格 光風出版 1956 (話しことば新書)
  • 正しい敬語 あなたは言葉で評価される 大泉書店 1966
  • 話しことば 筑摩書房 1967 (グリーンベルト・シリーズ)
  • 話しことば論 秀英出版 1971
  • 敬語 筑摩書房 1975 のち文庫
  • 文章批評 筑摩書房 1980.12 (言語生活叢書)
  • 現代敬語研究 筑摩書房 1983.4

共編著[編集]

参考[編集]

  • 著書の紹介文