大石眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大石 眞
(おおいし まこと)
人物情報
全名 大石 眞
(おおいし まこと)
生誕 (1951-08-30) 1951年8月30日(67歳)
日本の旗 日本宮崎県
学問
時代 20世紀 - 21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 法学
憲法学
研究機関 京都大学
東北大学
國學院大學
千葉大学
九州大学
主要な作品 『憲法講義I』(有斐閣、2004年
『憲法講義Ⅱ』(有斐閣、2007年
『議会法』(有斐閣、2001年
その他多数
影響を
受けた人物
小嶋和司東北大学在学中に師事)
学会 日本公法学会
比較憲法学会
宗教法学会
日本自治学会
日本公共政策学会
テンプレートを表示

大石 眞 (おおいし まこと、1951年8月30日 - ) は、日本法学者学位法学博士東北大学1986年)。専門は、憲法学、議会法、宗教法、憲法史。京都大学名誉教授宮崎県出身。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『議院自律権の構造』(成文堂,1988年)
  • 『議院法制定史の研究』(成文堂,1990年)
  • 『議院法』(信山社,1991年)
  • 『日本憲法史』(有斐閣,1995年)
  • 『日本憲法史の周辺』(成文堂,1995年)
  • 『憲法と宗教制度』(有斐閣,1996年)
  • 『立憲民主制』(信山社,1997年)
  • 『憲法史と憲法解釈』(信山社,2000年)
  • 『議会法』(有斐閣,2001年)
  • 『憲法講義I』(有斐閣,2004年)
  • 『日本憲法史〔第2版〕』(有斐閣,2005年)
  • 『憲法講義Ⅱ』(有斐閣,2007年)
  • 『憲法秩序への展望』(有斐閣,2008年)
  • 『憲法講義I〔第2版〕』(有斐閣,2009年)
  • 『憲法断章―観照への旅』(信山社,2011年)
  • 『憲法講義Ⅱ〔第2版〕』(有斐閣,2012年)
  • 『憲法講義I〔第3版〕』(有斐閣,2014年)
  • 『権利保障への諸相』(三省堂、2014年)

共著[編集]

  • 小嶋和司)『憲法概観』(有斐閣,第4版・1993年/第5版・1998年/第6版・2001年/第7版・2011年)
  • 長尾龍一高見勝利)『憲法史の面白さ』(信山社, 1998年)
  • (桐ヶ谷章・平野武)『憲法20条―その今日的意義を問う』(第三文明社, 2000年)
  • 初宿正典松井茂記市川正人・高井裕之・藤井樹也・土井真一毛利透松本哲治・中山茂樹・上田健介)『憲法 Cases and Materials 人権』(有斐閣, 2005年)
  • (初宿正典・松井茂記・市川正人・高井裕之・藤井樹也・土井真一・毛利透・松本哲治・中山茂樹・上田健介)『憲法 Cases and Materials 憲法訴訟』(有斐閣, 2007年)

編著[編集]

  • 佐々木惣一・著)『憲政時論集(1)』(信山社, 1998年)
  • (佐々木惣一・著)『憲政時論集(2)』(信山社, 1998年)

共編著[編集]

  • 佐藤幸治・初宿正典)『憲法50年の展望(1)統合と均衡』(有斐閣, 1998年)
  • (佐藤幸治・初宿正典)『憲法50年の展望(2)自由と秩序』(有斐閣, 1998年)
  • 高橋和之)『憲法の争点〔第3版〕』(有斐閣,1999年)
  • 佐々木毅久保文明山口二郎)『首相公選を考える―その可能性と問題点』(中央公論新社,2002年)
  • 石川健治)『憲法の争点(新・法律学の争点シリーズ 3)』(有斐閣,2008年)
  • 大沢秀介)『判例憲法』(有斐閣,2009年/第2版・2012年)
  • (土井真一・毛利透)『各国憲法の差異と接点―初宿正典先生還暦記念論文集』(成文堂, 2010年)

論文[編集]

他多数

記念論文集[編集]

  • 『憲法改革の理念と展開 大石眞先生還暦記念〔上巻〕・〔下巻〕』(信山社,2012年)

脚注[編集]