大石綱元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大石 綱元(おおいし つなもと、天文元年(1532年) - 慶長6年1月12日1601年2月14日))は、戦国時代武将武蔵国出身。父は大石綱資(元興)。大石吉綱の養子。通称、播磨守。別名、兼綱。子孫に上杉斉定治世下の奉行である大石綱豊らがいる。

略歴[編集]

武蔵の守護代を務めたこともある大石氏の一族とみられる。当初は山内上杉氏家臣だったが、1552年後北条氏との争いに敗れ長尾景虎(上杉謙信)を頼った上杉憲政に従い越後国に入り、その後は長尾氏家臣となる。

御館の乱では景勝方に付き、会津転封後は保原城代を務る。

安田能元岩井信能と共に会津三奉行に数えられるほど政務に明るい人物で、特に街道や城下整備などの土木建築分野を得意としていた。