大竹夕魅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大竹夕魅 Football pictogram.svg
名前
本名 三浦由美
カタカナ オオタケユミ
ラテン文字 OHTAKE Yumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-07-30) 1974年7月30日(43歳)
出身地 東京都町田市
身長 166cm
選手情報
ポジション FW, MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-91
1992
読売サッカークラブ女子
読売日本サッカークラブ女子
20 (3)
n (n)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

大竹夕魅(おおたけゆみ、1974年7月30日 - )は、東京都町田市出身の元女子サッカー選手。旧芸名:大竹由美(旧姓の本名、読みは同じ)。元U-21日本代表。元日本代表選手の大竹七未(旧芸名・奈美)は双子の姉。夫が元プロサッカー選手の三浦淳宏

来歴[編集]

8歳の頃から姉・奈美と共にサッカーを始める。当時から双子の女子サッカー選手として周囲の注目を集めた。1989年4月、姉妹揃って読売日本サッカークラブ・ベレーザ(現日テレ・ベレーザ)に入団。当初はフォワードを務めたが、のちにウイングバックに転向。1991年にはU-21日本代表に選出されるなど活躍したが、1992年に18歳で現役を引退した。のちに、当時は常に姉と比較される精神的重圧があり、また人間関係にも悩んでいたと告白している。

引退後しばらくサッカーから遠ざかっていたが、姉が現役を退いた2001年頃から再び女子サッカーに携わり、サッカー教室などで指導に当たる傍ら、テレビのサッカー中継でレポーターとしても活動した。2003年、サッカー選手の三浦淳寛と結婚。2人とも背番号が同じ6番であったことが話題になる。結婚後は「アスリートの妻」として各メディアに度々顔を出し、引退後サッカー解説者として活動する姉と共に、再び姉妹で女子サッカーの普及に尽力している。

結婚後出演したバラエティ番組『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)では、夫のノロケ話を披露し「アツくん」と呼んでいることを公表。その一方で、自身も元選手であることから食事など私生活面でのサポートはしっかり行っているようで、三浦も各所で夫人への感謝の言葉を述べている。

また、前述の番組に姉妹揃って出演した際、奈美が「妹はエスパーである」と証言。由美本人も、選手時代姉がパスを出して欲しい場所がわかっていたことや、当たりくじ付きのお菓子は開けなくても当たりが見える、と語った。

So-netのサッカー情報サイト "Football Weekly" にて、コラム『大竹ツインズ的、女子サッカーのすすめ』を「大竹由美」名義で寄稿している(閲覧には要会員登録、外部リンク参照)。

2009年7月、名を「夕魅」に改めた[1][2]。ちなみに三浦も、2011年の現役引退を機に、活動上の名義を「淳宏」から「淳寛」に変えている。同じく、姉の奈美、その夫の弦巻健人風水師・直居由美里の命名により改名している[3]

2011年1月16日に第1子(長女)を出産。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1989 読売サッカークラブ女子・ベレーザ 15 JLSL 10 2
1990 13 3 0
1991 7 1
1992 読売日本サッカークラブ女子ベレーザ
総通算

脚注[編集]

  1. ^ 大竹奈美→大竹七未(なみ)に変わります。 大竹七未の公式ブログ2009年7月8日付記事
  2. ^ スポーツ報知新聞に! 七未の公式ブログ2009年7月10日付記事に改名を報じたスポーツ報知の記事の写真が掲載されている。
  3. ^ 弦巻拳東(健人)です大竹七未オフィシャルブログ、2012-05-01