大統領暗殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大統領暗殺
Death of a President
監督 ガブリエル・レンジ
脚本 サイモン・フィンチ
ガブリエル・レンジ
製作 エド・ギニー
サイモン・フィンチ
ガブリエル・レンジ
ロビン・グッチ
製作総指揮 ピーター・カールトン
リザ・マーシャル
出演者 ジョージ・W・ブッシュ
ロン・チェイニー
音楽 リチャード・ハーヴェイ
撮影 グレアム・スミス
編集 ブランド・サミーム
配給 イギリスの旗 チャンネル4
日本の旗 プレシディオ
公開 イギリスの旗 2006年10月9日
日本の旗 2007年10月6日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
アラビア語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 $869,352[1]
テンプレートを表示

大統領暗殺』(だいとうりょうあんさつ、原題: Death of a President)は、2006年公開のイギリスの映画

概要[編集]

「現職の第43代ジョージ・W・ブッシュアメリカ合衆国大統領暗殺されたらアメリカは、世界はどうなる?」という内容のモキュメンタリーである。本作の原作・監督はガブリエル・レンジ。暗殺の場面はストック・フッテージに合成を施して製作された。

2006年9月10日、トロント国際映画祭で上映され、国際批評家賞を受賞している。イギリスでは劇場公開はされず、劇中での暗殺日の1年前に当たる2006年10月19日チャンネル4で放映された。

日本では2007年10月6日から全国順次公開された。

ストーリー[編集]

2007年10月19日、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュを乗せた専用機が、シカゴに降り立つ。演説会場の周辺では、演説に反対する大規模な抗議デモにより治安部隊と衝突がおきていた。演説を終えたブッシュが、ホテルの外で人々と握手を交わしリムジンに乗り込んで帰途に着こうとしたその瞬間、暗殺者の手により大統領に向けて銃弾が二発放たれる。

崩れ落ちて病院へと運ばれる大統領と騒然とする現場。合衆国大統領狙撃の一報は、瞬く間にTV画面などを通して全米、さらには世界各地に広がっていく。医師団の必死の努力も空しく駆けつけた夫人ら関係者に見守られながら死去。アメリカ大統領の死は世界中に衝撃を与えた。彼の死はアメリカ、そして世界にどのような影響を与えるのか。

邦題[編集]

日本の配給元であるプレシディオでは『ブッシュ暗殺』という邦題をつけていたが、映倫管理委員会は映画倫理規程の条項に当たるとして変更を求めた。当初は変更を拒んでいたが、上映できなくなる恐れもあったため変更を受け入れた。また、PG-12に指定されている。[2]

参照[編集]

  1. ^ a b Death of a President”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月19日閲覧。
  2. ^ http://www.asahi.com/culture/movie/TKY200706080075.html