大聖寺沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大聖寺沖地震
大聖寺沖地震の位置(日本内)
大聖寺沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1952年昭和27年)3月7日
発生時刻 16時32分38.7秒(JST
震央 日本の旗 日本 石川県江沼郡大聖寺町
北緯36度29.8分
東経136度8.8分(地図
震源の深さ 17km
規模    マグニチュード(M)6.5
最大震度    震度4:富山県富山市石川県輪島市福井県福井市
被害
被害地域 石川・福井県境付近
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

大聖寺沖地震(だいしょうじおきじしん)は、1952年(昭和27年)3月7日石川県江沼郡大聖寺町の沖合約20kmを震源として発生した地震

概要[編集]

震央位置は北緯36度29.8分、東経136度8.8分、震源の深さは17kmである。地震の規模はM6.5で、石川県で7人の死者を出した。本震の初動(最初の揺れの向き)は震央の南や北では上向きの引き、東や西では下向きの押しであり、節面は北西-南東方向と北東-南西方向にあった。また、水平方向の初動は近畿や四国側で大きく、他の地域では小さかった[1]

最大余震は3月8日に発生したM5.0の地震で、福井市で最大震度3を観測した。余震は本震の震央周辺の深さ30km付近に集中し、その余震域は福井地震の余震域の北端にある[2]

震度[編集]

気象官署などで震度3以上を観測した地点は次の通り[3]

震度 都道府県 市区町村
4 富山県 富山市
石川県 輪島市
福井県 福井市
3 富山県 高岡市
石川県 金沢市
福井県 大野通報所 敦賀市
茨城県 石岡市
新潟県 上越市
長野県 諏訪市 飯田市
岐阜県 高山市 岐阜市 白鳥通報所
静岡県 浜松市中区
愛知県 名古屋市千種区
三重県 亀山測候所 津市 伊賀市
滋賀県 彦根市
京都府 舞鶴市
兵庫県 豊岡市

金沢測候所の管轄内では大聖寺小松で震度5の強震を観測した[1]

被害[編集]

震央に近い石川県で7人の死者と8人の負傷者を出した。死者のうち5人が火災による焼死で、負傷者のうちの1人も火災によるものであった[1]

家屋被害の多くは壁の亀裂や剥脱で、大聖寺町や小松市では屋根瓦が落下する被害があった。小松市では鳥居の石版額が落下して幼児に当たり死亡した。インフラ被害の多くは道路の亀裂や電線・電話線が切断するものであった。金津町では満水状態の用水路の堤防が決壊し、周辺の田に埋没などの被害が発生し、湊村では手取川沿岸の埋め立て地で液状化現象が発生した。このほか、墓石や石灯籠、鳥居の倒壊が発生した。

福井県でも建物や道路に被害があり、北潟村で道路の亀裂や沈下のほか、背面がけ崩れによる民家が1戸埋没、地盤沈下による民家の60戸傾斜した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 大聖寺沖地震 地震課調査係 驗震時報第17卷 第3号 pp.95-102 (昭和28年1月)
  2. ^ 岡本拓夫、平野憲雄、西上欽也、竹内文朗、和田博夫、「福井県鯖江市付近に認められる低地震活動域とそのテクトニクス」 福井工業高等専門学校研究紀要 2010年 44巻 p.35-40, hdl:10461/6182, NCID AN0021492X
  3. ^ 震度データベース検索”. 気象庁. 2014年5月17日閲覧。

出典[編集]

関連項目[編集]