大聖院 (四日市市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大聖院
Daisyouin matuidera hondou.JPG
本堂
所在地 三重県四日市市日永2丁目-11-7
位置 北緯34度57分16秒 東経136度36分17秒 / 北緯34.95444度 東経136.60472度 / 34.95444; 136.60472座標: 北緯34度57分16秒 東経136度36分17秒 / 北緯34.95444度 東経136.60472度 / 34.95444; 136.60472
山号 無動山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 不動明王
創建年 天平10年(738年)
開基 行基菩薩
中興年 元禄3年(1690年)
中興 海養法印
別称 日永の不動さん
札所等 三重四国八十八箇所 9番札所 東海三十六不動尊 29番札所 伊勢七福神 福禄寿
文化財 不動明王立像(国の重要文化財)
絹本著色釈迦三尊十六善神像(県指定有形文化財(絵画))
テンプレートを表示

大聖院(だいしょういん)は、三重県四日市市にある真言宗醍醐派の仏教寺院。山号は無動山(むどうさん)。松井寺(まついでら)の寺号を有する。本尊は不動明王

歴史[編集]

寺伝によれば、天平10年(738年)、行基の開山に係る古刹とされ、当初は西方の愛宕山に位置し、塔頭17院を有する大寺であったと言われる。

天正年間(1573年 - 1592年)、織田信長配下の軍勢に攻められ、諸堂宇は焼失した。時の住職蓮華法印は、本尊の不動明王立像を背負って持ち出し、難を逃れた。

元禄3年(1690年)、中興第4世大僧都、海養法印は寺院を現在地に移し、寺名を大聖院松井寺と改めた。

本尊の不動明王立像は、平安後期の作で、国の重要文化財に指定されている。この尊像は平安時代の武将、源頼義が陣中にて不動明王を感得し、京の仏師定朝に刻ませ、生涯念持仏として信奉したと伝えられ、その後幾度かの変遷を経て、当山の本尊となった。毎年1月と8月の28日に開帳される。

文化財[編集]

  • 木造不動明王立像(国の重要文化財)
  • 絹本著色釈迦三尊十六善神像(県指定有形文化財(絵画))

所在地[編集]

  • 三重県四日市市日永2丁目-11-7

年中行事[編集]

  • 1月1 - 3日 修正会
  • 1月28日 初不動会式(本尊開扉)
  • 8月28日 不動盆会式(本尊開扉)
  • 毎月28日 不動尊御縁日、護摩供養

周辺[編集]

  • 中央緑地公園
  • 両聖寺(市指定無形民俗文化財 つんつくおどり)

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 滝本昭二『三重四国八十八ヵ所霊場』三重四国八十八ヵ所霊場会、24 - 25項。

関連項目[編集]