大肚渓南信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大肚渓南信号場
区間車から撮影した大肚渓南信号場(彰化方面)
区間車から撮影した大肚渓南信号場(彰化方面)
大肚溪南號誌站
ダードゥシーナンしんごうじょう
Dadu River South Signal Station
所在地 彰化県彰化市
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 號誌站(信号場
電報略号 ㄚㄋㄓ
駅構造 地上駅
ホーム 無し
開業年月日 1963年7月12日
乗入路線
所属路線 台中線(山線)
キロ程 80.5km(竹南起点)
205.9km(基隆起点)
成功 (1.9km)
(5.0km) 彰化
所属路線 海岸線(海線)
キロ程 85.2km(竹南起点)
210.6km(基隆起点)
追分 (2.1km)
(5.0km) 彰化
テンプレートを表示
大肚渓南信号場
各種表記
繁体字 大肚溪南號誌站
簡体字 大肚溪南号志站
拼音 Dàdùxīnán Hàozhì Zhàn
通用拼音 Dàdùsinán Hàojhìh Jhàn
注音符号 ㄉㄚˋ ㄉㄨˋ ㄒㄧ ㄋㄢˊ ㄏㄠˋ ㄓˋ ㄓㄢˋ
発音: ダードゥーシーナン ハオジーヂャン
日本語漢音読み だいとけいなんしんごうじょう
日本語慣用読み だいとけいみなみしんごうじょう
英文 Dadu River South Signal Station
テンプレートを表示
大肚渓南信号場軌道配置図,A方向台中線成功方面,B方向縦貫線彰化方面,C方向海岸線追分方面

大肚渓南信号場(だいとけいなんしんごうじょう)は、台湾彰化県彰化市にある台湾鉄路管理局縦貫線信号場である。

信号場構造[編集]

鉄道自動制御装置が4組の分岐器を制御している。海岸線台中線が合流して縦貫線に繋がる区間である。複線の台中線から同じく複線の海岸線が分岐する構造となっている。

利用状況[編集]

  • 無人信号場であり、彰化駅に本信号場の制御板が設けられているが、台北にある列車集中制御装置(CTC)により自動制御が行われているため、彰化駅での信号取扱はない。
  • 列車交換のみ行われ、駅員はいない。交換、待避及び工事以外で列車が停車する事は無い。
  • 彰化駅との間を3線にする計画がある。

信号場周辺[編集]

  • 国聖国小
  • 台1線支線(台1丙線)

歴史[編集]

  • 元々は廃止された大肚渓北信号場が両線の分岐点であったが、1980年代末期に3代目の大肚渓橋が完成して[1]大肚渓北信号場が廃止されて以後、本信号場が分岐点となった。

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
台中線(山線)
成功駅 - 大肚渓北信号場 - 大肚渓南信号場 - 彰化駅
海岸線(海線)
追分駅 - 大肚渓北信号場 - 大肚渓南信号場 - 彰化駅

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 彰化 - 舊大肚溪橋 (鐵路)(阿杯的網路半年誌)