大腰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
天神真楊流乱捕技の腰投
アメリカ海兵隊の訓練における大腰(ヒップスロー)

大腰(おおごし)は、柔道腰技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号OGO

概要[編集]

大きく踏み込み、その動きに合わせて、前回りさばきで相手を前に崩し、釣り手を脇の下から腰にまわし、腰を深く入れ(腰に乗せ)、腰を上げて持ち上げる(転がす)様にして投げる技。帯を掴んで投げると、釣腰になる。

背中越しあるいは、腕越しに(外側から)背中を掴む組み手でのパターンが多く使われる。しかし、腰技としては、最も基本的である技であるとされ、また初心者でも受け身が取りやすく投げる側も「深く腰を入れて相手を乗せる」感覚がつかみやすい技であるので、投技では一番始めに指導されることが多い。

柔道着を着用しない総合格闘技軍隊格闘技では多用される。

飛腰[編集]

飛腰(とびごし)は相手の内股腰技を相手の腰を飛び越してかわしての大腰。相手の内股や腰技を相手の右腰を飛び越してかわし、右手を引き手、左手を釣り手として大腰で相手を投げる[1]

類似の技[編集]

※太字は大腰との違いである。

腰浅く入れ腰に乗せずに、膝のバネと腰の回転で投げる。
相手の技を受け止め、相手の腰を抱えながら自分の腰に乗せる。返し技。
腰に手を回した上で帯を握り、腰に乗せて投げる。頭越しに帯を取る場合もある。

歴史[編集]

当初は移腰の一つとの意見があったが講道館で検討した結果「大腰」という技名になった。

『天神真楊流柔術極意教授図解』には「乱捕技」の一つに腰投という名称で、『死活自在・接骨療法・柔道生理書』には入腰捕という名称で「大腰」と同じ技法が記載されている。

嘉納治五郎ヨーロッパへの航海中、ロシア人レスラーと取り組み大腰で投げ飛ばしたという逸話が残っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞社(製作・企画). 柔道の真髄 三船十段. 日本: 日本映画新社.. "飛腰" 
  2. ^ 講道館 大腰

関連項目[編集]