大腸菌性乳房炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大腸菌性乳房炎(だいちょうきんせいにゅうぼうえん、英:coliform mastitis)とは大腸菌群の感染を原因とするウシの乳房炎。大腸菌群はウシの体表、糞便、床などの環境中に存在し、乳頭口より侵入する。ほとんどの大腸菌性乳房炎は自然治癒する。乳汁の細菌培養により確定診断をする。

関連項目

  • 乳房炎
  • 伝染性乳房炎
  • 環境性乳房炎

参考文献

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747

今日は何の日(1月18日

もっと見る

「大腸菌性乳房炎」のQ&A