大蔵雄之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大蔵 雄之助(おおくら ゆうのすけ、1931年10月23日 -2020年1月8日[1])は、日本ジャーナリストコメンテーター

略歴[編集]

福岡県生まれ。東京都立戸山高等学校[2]一橋大学法学部卒業。1957年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1957年東京放送入社。1962年-1966年英国放送協会出向、1976年-1978年モスクワ支局長、1986年-1987年報道局長を経て、1987年退社。

退社後も、TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』の「ニュースズームアップ」などにコメンテーターとして出演していた。1987年-2001年東洋大学社会学部教授。異文化研究所代表。杉並区教育委員会教育委員長日本国際フォーラム政策委員[3]。また、世界日報でも時折コラムを担当していた。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ギルバート・フェルプス『英国王室物語 イギリス君主制の歴史』サイマル出版会、BBCライオン・シリーズ、1975
  • トレバー・レゲット『他山の玉石 レゲットさんが率直にいえば』サイマル出版会、BBCライオン・シリーズ、1984
  • ジーナ・カミンスカヤ『赤い冤罪』PHP研究所、1985.11.
  • ホィットマン・バッソウ『革命からグラースノスチまで モスクワ特派員が報じたソヴィエト』ティビーエス・ブリタニカ 1989.9.
  • ダスコ・ドーダー、ルイーズ・ブランソン『ゴルバチョフ 1931-1991』ティビーエス・ブリタニカ、1991.4.
  • ジェイムズ・ラスブリッジャー、エリック・ネイヴ『真珠湾の裏切り チャーチルはいかにしてルーズヴェルト第二次世界大戦に誘い込んだか』文芸春秋、1991.11.
  • ヴラジーミル・ポズネル『ソ連邦解体運命の三日間』文芸春秋、1992.2.
  • ポール・ゴードン・ローレン『国家と人種偏見』ティビーエス・ブリタニカ、1996.1.
  • ジョン・ビーサント『スターリンの銀塊』文芸春秋、1996.7.
  • C.ルロイ・アンダースン,ジョーン・R.アンダースン編『もう黙ってはいられない 第二次世界大戦の子どもたち』編訳 晶文社、1997.3.
  • ジョン・J.フィアルカ『経済スパイ戦争の最前線』文藝春秋、1998.8.
  • トレヴァー・レゲット『紳士道と武士道 コモンセンスの思想、サムライの伝統』麗澤大学出版会、2003.7.
  • ポール・L.ウイリアムズ『ビンラディンのアメリカ核攻撃指令』イースト・プレス、2004.10.
  • エリザベス・バード『わが終わりにわが始めあり 不滅の女王メリー・スチュアート』麗澤大学出版会、2006.12.
  • チャールズ・S.コケル『不都合な生命 地球2億2500万年銀河の旅』麗澤大学出版会、2009.1.

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』1月号
  2. ^ 都立戸山高校関係者著作の表紙ギャラリー
  3. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

参考[編集]