大藤直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおふじ なおき
大藤 直樹
本名 同じ
生年月日 (1965-08-05) 1965年8月5日(53歳)
出生地 日本の旗 日本
ジャンル アクション俳優
活動期間 1983年 -
活動内容 スーツアクター、舞台俳優
主な作品
スーパー戦隊シリーズ

大藤 直樹おおふじ なおき1965年8月5日 - )は、日本の俳優スタントマンジャパンアクションエンタープライズ所属していた。以前はスタントジャパンにも所属していた。身長173cm。

来歴・人物[編集]

1982年ジャパンアクションエンタープライズに入団[1]

スーパー戦隊シリーズスーツアクターとしての活躍が有名であり、当初は『超獣戦隊ライブマン』のガードノイド・ガッシュなど悪役を演じていたが、『地球戦隊ファイブマン』以降は主にグリーン・ブラック役を中心にヒーロー側を担当するようになった。

『五星戦隊ダイレンジャー』ではリュウレンジャーとしてレッド役を演じた。当初は、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に引き続き前田浩が演じる予定だったが、打合せ後に降板を申し出たため演じることとなった[2]

『鳥人戦隊ジェットマン』では、最終回において若松俊秀演ずる結城凱を刺したひったくりを、若松の希望で凱の変身後「ブラックコンドル」を担当していた大藤が演じていることでも知られる。『海賊戦隊ゴーカイジャー』の28話では、結城凱/ブラックコンドル役で出演した若松俊秀本人の希望で「ブラックコンドル」を演じた[3]

2005年ジャパンアクションエンタープライズを離れるが、2011年より再び在籍[1]

2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』のキョウリュウゴールドを担当し、一年間のレギュラーとしては久しぶりとなった。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

ネットムービー[編集]

舞台[編集]

戦隊シリーズショー[編集]

CM[編集]

  • 日清「ラ王」(1999年)
  • NTTドコモ「カラバリンシリーズ」(2001年)ハッピーオレンジ役

ゲーム[編集]

バラエティ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 「東映仮面俳優列伝 大藤直樹」『東映ヒーローMAX Vol.41』 辰巳出版、2012年5月1日、111頁。ISBN 978-4777810277。
  2. ^ 『シールドの向こう側』 楽しかったな〜 ありがとう、お面達!”. 「hiroshiのブログ」(前田浩公式ブログ) (2010年2月20日). 2011年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 特撮ニュータイプ2011年10月号 角川書店
  4. ^ 仮面ライダーマガジン Spring '09 (講談社MOOK)
  5. ^ MANDARAKE”. 2019年1月4日閲覧。
  6. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話 「アバレ七変化で新合体」|東映[テレビ]”. 2011年9月4日閲覧。
  7. ^ テレビ・キョウリュウジャー公式サイト・あらすじ一覧・ブレイブ11”. 東映. 2013年4月21日閲覧。
  8. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.27、辰巳出版、2008年、55項
  9. ^ a b c d 映画パンフレットより
  10. ^ a b c 公式プロフィールより
  11. ^ ノンクレジット扱い。
  12. ^ 上記を参照。
  13. ^ 公式完全読本 2014, p. 40, 「main cast INTERVIEW06 丸山敦史」.
  14. ^ a b c d e 「スタッフキャストスペシャルインタビュー 大藤直樹」『後楽園ゆうえんち野外劇場公式ガイド スーパーヒーローショー大全集』 メディアワークス、1995年1月5日、108頁。ISBN 4-07-302333-0。
  15. ^ キョウリュウジャーショー第5期”. きだつよしBlog 不屈夢走 (2014年1月25日). 2014年1月28日閲覧。
先代:
前田浩(5代目)
1992年、『ジュウレンジャー』)
スーパー戦隊シリーズ
歴代レッド役スーツアクター
大藤直樹(6代目)
1993年、『ダイレンジャー』)
次代:
高岩成二(7代目)
1994年、『カクレンジャー』)