大西健丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大西 健丞(おおにし けんすけ、1967年5月29日 - )は、日本の社会起業家である。特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の代表理事兼統括責任者、公益社団法人CIVIC FORCE代表理事、アジアパシフィック アライアンス(A-PAD)統括責任者。

人物[編集]

就職とNGO設立[編集]

上智大学在学中、フィリピン、インドネシアで農村開発NGOの活動に接する。それまで日本から出たことがなかったが、上智大学教官だった鶴見良行と朝日新聞編集委員だった松井やよりに「あまり考えないで、海外を歩いてみたら」と言われたことが海外に出る決意につながり、人生の転機になったと後に振り返っている[1]

NGO参加拒否問題と国会参考人招致[編集]

2001年、アフガニスタンで国内避難民支援に携わり、同年12月のアフガニスタン復興NGO東京会議の開催に関わる。翌2002年1月に、政府が主催したアフガニスタン復興支援国際会議への出席を予定していたが会議前日に外務省から出席を拒否された(NGO参加拒否問題。しかし、翌日には外務大臣命令で正式参加承認)。記者会見でその不当性を訴え、背後に鈴木宗男の「圧力」があったと指摘したことで政治問題化し、国会での参考人招致を受けた。鈴木宗男とは、この10年以上後にばったり会い、笑顔で握手を求められたことを後に語っている[2]

国内社会課題への取り組み[編集]

東日本大震災の経験から、大規模災害時のリスク分散等の理由から2013年、ピースウィンズ・ジャパンの本部を東京から広島県神石高原町に移転[3]。同年、広島県内の犬の殺処分を1000日以内にゼロにする計画を発表。600頭規模の犬舎の建設や、広島市、神奈川県藤沢市での譲渡センター開設などを進めた。2016年、同活動が日本経済新聞者ソーシャルイニシアチブ大賞で大賞を受賞[4]

同じく2016年、瀬戸内海豊島ゲルハルト・リヒターの作品「14枚のガラス/豊島」の一般公開を開始。作品を収める箱型の建物も、リヒター本人のアイデアとデザインに基づいて建てられた[5]。毎年春~秋の一定期間、土・日・祝日限定で公開されている。作品の閲覧は無料[6]

その他の役職・受賞歴[編集]

2010年 総理大臣の諮問会議「新しい公共円卓会議」委員就任[7]

2012年~2015年 海上自衛隊幹部学校講師[8]

2016年2月~ 厚生労働省保健医療2035推進参与[9]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『NGO、常在戦場』. 徳間書店. (2006年2月28日). 
  2. ^ 【大西健丞】今なら話せる「鈴木宗男事件」の真相”. NewsPicks (2017年2月28日). 2019年7月10日閲覧。
  3. ^ greenz.jp. “世界中で支援活動を行う認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が、“広島県の山の中”で国内問題に奮闘中。代表理事兼統括責任者・大西健丞さんが語る、誰もが公益を担う社会とは?” (日本語). greenz.jp. 2019年7月10日閲覧。
  4. ^ 日経ソーシャルイニシアチブ大賞” (日本語). 日経ソーシャルイニシアチブ大賞. 2019年7月10日閲覧。
  5. ^ 『世界が、それを許さない』. 岩波書店. (2017年12月8日). 
  6. ^ 瀬戸内の愛媛・豊島(とよしま)、リヒターの美術館は夏限定。2019年のスケジュールは” (日本語). share! (2019年5月15日). 2019年7月10日閲覧。
  7. ^ 新しい公共円卓会議、NPO・寄付税制を議論”. www.npoweb.jp. NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会. 2019年7月10日閲覧。
  8. ^ 特別講話及び部外講師講話(平成24~27年度)”. www.mod.go.jp. 海上自衛隊幹部学校. 2019年7月10日閲覧。
  9. ^ 「保健医療2035」策定懇談会 List of Members (平成27年6月9日時点)”. 厚生労働省. 2019年7月10日閲覧。

関連項目[編集]