大西英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大西 英一(おおにし えいいち、1889年明治22年〉12月7日 - 1955年昭和30年〉12月16日)は、日本土木技術者実業家工学博士。第4代日本発送電総裁や初代電力中央研究所理事長、第39代土木学会会長を務めた。

人物・経歴[編集]

福井県鉄道官吏の子として生まれる。愛知県第一中学校(現愛知県立旭丘高等学校)を経て[1]1912年(明治45年/大正元年)名古屋高等工業学校(現名古屋工業大学土木科卒業[2]鉄道院を経て、1914年神通川電力入社[2]。中学・高工の先輩石川栄次郎の誘いを受け矢作水力に移り[1]1940年(昭和15年)取締役に昇格[2]

1942年日本発送電入社。1945年日本発送電理事1947年日本発送電総裁[2]1948年「「超高圧隧道」と「我が国に於ける湖沼と発電水力」について」で東京大学工学博士[3]1951年電力技術研究所初代理事長、日本大学教授[2]1952年発電水力協会会長[1]1955年藍綬褒章受章[2][1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d [1]日本電気協会 中部支部
  2. ^ a b c d e f ■ 土木学会歴代会長紹介
  3. ^ 東京大学 , 工学博士 , [報告番号不明] , 1948-08-25
先代:
新井章治
日本発送電総裁
第4代:1947年 - 1950年
次代:
小坂順造
先代:
(初代)
電力中央研究所理事長
初代:1951年 - 1953年
次代:
松永安左エ門