大西裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大西 裕(おおにし ゆたか、1965年 - )は、日本政治学者行政学者神戸大学教授。専門は韓国の政治・行政、アジアの政治経済。兵庫県氷上郡春日町(現・丹波市)生まれ。

政治学の専門誌『レヴァイアサン』の編集委員を、46号(2009年春)から務めている。2014年、『先進国・韓国の憂鬱 少子高齢化、経済格差、グローバル化』で第36回サントリー学芸賞受賞。京都大学では村松岐夫に師事した。

略歴[編集]

略歴は以下の通り[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『韓国経済の政治分析―大統領の政策選択』(有斐閣2005年
  • 『先進国・韓国の憂鬱 少子高齢化、経済格差、グローバル化』中公新書、2014 

共著[編集]

編著[編集]

  • 『選挙管理の政治学―日本の選挙管理と「韓国モデル」の比較研究』(有斐閣,2013年)

共編著[編集]

  • (片山裕)『アジアの政治・経済入門』(有斐閣,2006年/新版2010年)
  • 新川敏光)『日本・韓国』(ミネルヴァ書房,2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 第22回大平正芳記念賞受賞作及び受賞者名 平成18年度の贈呈式及び各賞の概要