大谷口北町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 板橋区 > 大谷口北町
大谷口北町
—  町丁  —
大谷口北町こどもの池
大谷口北町の位置(東京23区内)
大谷口北町
大谷口北町
大谷口北町の位置
座標: 北緯35度44分57.63秒 東経139度41分17.56秒 / 北緯35.7493417度 東経139.6882111度 / 35.7493417; 139.6882111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 上板橋地域
面積
 - 計 0.266km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 6,009人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 173-0031[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

大谷口北町(おおやぐちきたちょう)は、東京都板橋区町名[4]。丁目の設定がない単独町名である。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は173-0031[2]

地理[編集]

東京都板橋区の南部に位置し、町域の北西辺を石神井川が流れる。北東辺は国道で画す。北は石神井川を隔てて対岸に東山町、北東は弥生町、東は大谷口上町、南は一部で大谷口および向原、西は小茂根に隣接する。

歴史[編集]

当該エリアは上板橋村の小名であった大谷口の一部であり1871年明治4年)11月14日浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1932年時点では板橋区大谷口町の一部であった。1971年昭和46年)に大谷口町から分かれて大谷口北町が成立、住居表示が実施された。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
大谷口北町 3,126世帯 6,009人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
1~5番
9~15番
44~48番
板橋区立大谷口小学校 板橋区立上板橋第一中学校
6~8番
16~43番
49~90番
板橋区立上板橋第二中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域に駅は存在しないが、以下の路線が利用可能である。

バス[編集]

  • 国際興業バス 
    • 下頭橋:光02 池袋駅東口行き・光が丘駅行き、池55 池袋駅東口行き・小茂根五丁目行き
  • 板橋区ではコミュニティバスの構想があり、大谷口北町も検討地域に含まれているが、未だ板橋区議会で議論中であり、運行開始の目途は立っていない。

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁

施設[編集]

教育
商業施設・商店街
  •  オーケーストア大谷口店
  • えびす通り(えびす通り商店会)
  • パステル宮の下(宮の下商栄会)
  • 大谷口北町商店会
  • ファミリーマート大谷口北町店
  • スリーエフ板橋大谷口北町店
入浴施設

かつて政の湯、宮の下湯があったが何れも現在では廃業しているため、東新町一丁目の富の湯または大谷口上町の第二富士の湯の何れかを利用する必要がある。

史跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 板橋区教育委員会『いたばしの地名』、1995年3月、P127。
  5. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。