大谷祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷 祥子(おおたに しょうこ)は、岡山県岡山市生まれの生田流箏曲家・三弦奏者。箏を宮城会大師範である祖母岩井敏子から手ほどきを受け、その後仙場澄子、小橋幹子、砂崎知子に箏、三絃を、吉村七重に20絃を師事。京都みやこ風韻邦楽アンサンブル副団長、祥韻会主宰、森の会会員、 京都本願寺に嫁いで以後は仏教の勉強を始める。声明、教義を大谷暢順に師事するかたわら京都大学文学部仏教学科に聴講生として通い、平成22年に剃髪し、本願寺裏方として初の僧侶となる。本願寺裏方、本願寺文化興隆財団参議、吉崎御坊蓮如上人記念館館長、蓮如の道を歩む会会長、ジャポニスム振興会副会長を務める。埼玉県鴻巣市観光大使

略歴[編集]

東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学
在学中から「邦楽グループ雅」を結成し全国各地で演奏活動を始める。CM音楽「清酒大関」音楽録音、「天才たけしの元気が出るテレビ」などに出演
1995年国際交流基金助成のもとメキシコ7都市演奏公演
1997年 フランス(リール・リヨン・トゥルース)演奏公演
埼玉県青少年交響楽団定期演奏会にソリストとして参加
1998年 NHK邦楽オーディション合格
1999年 第1回大谷祥子リサイタル(鴻巣市民会館大ホール)
2000年 第2回大谷祥子リサイタル(秩父ミューズホール)
アメリカイリノイ州ノックス大学にて砂崎知子氏等と共に演奏公演
メキシココリマ大学にてコンサート&講義
2002年平成13年度文化庁インターンシップ研修終了第3回リサイタル
2004年 第4回大谷祥子リサイタル(サントリーホール)
東京藝術大学卒業生によるネオクラシックユニット「レチスマック」結成(koto,大谷祥子vl,佐藤まどか,per小松玲子,pf作曲大曾根浩範)クレマチスの丘、静岡市民文化会館、埼玉会館、南青山MANDARA、京都コンサートホール、奈良テレビ主催JAM音楽祭ほかでコンサート開催
和太鼓集団「天河」メンバーとして静岡市民文化会館 浜松市アクトシティなど多数。
東京新聞芸能名流コーナーに大谷祥子記事掲載
愛知万博日本政府館オープニングイベントに本條秀太郎グループメンバーとして参加
福井県あわら市吉崎御坊蓮如上人記念館館長となる
2010年 若手伝統芸能家ネットワーク京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動
蓮如上人記念館開館10周年事業として曽野綾子氏講演会やラジオ番組等を企画
蓮如の里文化公演 黒川真理作曲「蓮如」委嘱初演 野村万作主演「金津地蔵狂言」出演
天籟コンサートツアー2010in高松 共演:豊剛秋
2011年 埼玉県文化連合主催コンサートにソリストとして出演(埼玉会館大)
蓮如の道を歩む会会長となり各地で蓮如上人の遺徳を顕彰する活動を始める
箏曲の新しい展開vol.1を主催(関西日仏学館)ゲスト:吉村七重師
名取裕子主演「吉崎御坊の誕生日」朗読劇出演(福井県あわら市)
関西日仏会館・京都市主催「パリ白夜祭 IN KYOTO」出演
法然上人800回忌音楽法要(京都コンサート大ホール)出演
京都市長が応援団長となりみやこ風韻邦楽アンサンブルを三好げんざん氏と立ち上げ発足記念コンサートを清水寺、京都コンサート小ホールで開催。
2012年 蓮如の道を歩む会in浜離宮朝日ホール開催
箏曲の新しい展開シリーズVOL 2 関西日仏学館  委嘱初演:成田和子氏
ボルドー音楽祭出演 ロランドガレイユ(VL)ジャン フェランディス(FL)他
富山舞台芸術祭出演 共演:藤原道山(尺八) 遠藤千晶(箏) 黒川真理(箏)藤舎呂凰(鼓)福原鶴之助(鼓) 藤舎推峰(笛)ほか
六道輪廻舞台劇(野村萬斎主演、野村万作、若村麻由美、麻美レイ)に出演
2014年ジャポニスム振興会副会長として活動を開始
曽野綾子、ひろさちや等の講演会や大倉源次郎、坂口正信、柴田稔氏らによる能楽の促進事業、半蔵門サロンでの日本伝統工芸推進事業、山口県では山口県立大学、安倍昭恵夫人等とアグリアート農業推進事業、徳島県では剣山の農業文化継承事業、埼玉県では鬼太鼓座、鴻巣市、秩父村、日本太鼓協会等とともに欅の植樹、伝統音楽イベントを開催。
名取裕子主演 瀬戸内寂聴原作「源氏物語」朗読劇出演(中井智哉、白須今、尾上京ほか)
ラジオ日本放送「宇崎竜童のジャポニスムマイスター」出演
クールジャパンフランス公演出演

受賞歴[編集]

1996年(平成 8年) - 宮城会箏曲コンクール児童の部第一位受賞(手事)
1998年第五回賢順記念全国箏曲コンクール最優秀第一位受賞
2013年文化庁芸術祭新人賞受賞
文化庁芸術祭新人賞受賞理由
宮城道雄作品と現代作品をバランスよく並べ、優れたテクニックと高い芸術性で観客を魅了した。特に「手事」「水の変態」では表現力の豊かさで本領を発揮。廣瀬量平、岸野末利加の2作品では箏の現代的可能性を多彩に表現した。全演奏を通して、良質な音色と内面の奥深さで大きな成果を上げ、更なる躍進が期待される。

作品[編集]

邦楽技能者オーディション 合格
NHK古典芸能鑑賞番組出演
CD「My lucent days」リリース
「Trip to heaven」リリース
六道輪廻 サントラCDリリース
西村朗作品集CD録音に参加
吉村七重監修「邦楽展」CDレコーディング参加。
NHKラジオ「邦楽のひととき」出演多数