大谷靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大谷 靖(おおや やすし、弘化元年9月14日[1]1844年10月25日) - 昭和5年(1930年3月6日[2])は、日本の内務官僚貴族院勅選議員錦鶏間祗候[2]

経歴[編集]

岩国藩士の家に生まれる[1]1871年明治4年)、福岡県に出仕。福岡県権典事、大蔵権少丞、太政官少書記官、大蔵少書記官、大蔵権大書記官、内務権大書記官、内務省会計局長、同庶務局長、社寺局長心得、内務書記官・造神宮副使などを歴任した[3]

退官後は済生会理事長を務めた[3]1915年(大正4年)10月13日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[4]

1919年大正8年)に貴族院議員に選出され[5]、死去するまで在任した[6]

栄典[編集]

位階
勲章

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 人事興信録 1911.
  2. ^ a b 『官報』第957号、昭和5年3月11日。
  3. ^ a b 貴族院・参議院議員名鑑 1960.
  4. ^ 『官報』第961号、大正4年10月14日。
  5. ^ 『官報』第1944号、大正8年1月28日。
  6. ^ 『官報』第956号、昭和5年3月10日。
  7. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  8. ^ 『官報』第8243号「叙任及辞令」明治43年12月12日。
  9. ^ 『官報』第558号「叙任及辞令」1914年6月11日。
  10. ^ 『官報』第1952号「叙任及辞令」1889年12月28日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1960年。