大貞公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大貞公園(おおさだこうえん)は、大分県中津市大字大貞にある公園の名所として知られている。

概要[編集]

宇佐神宮の祖宮として知られる薦神社の近隣にある公園で、大分百景に選定されている。

大正時代初期に、地域住民が数百本の桜の苗木を植えたのが始まりで、第二次世界大戦による中断はあったものの、戦後もさらに桜の植樹と育成が続けられた結果、現在では約1,300本の桜が育っている。例年、3月末から4月初めの開花期には、大貞公園桜祭りが開催される。期間中は公園がボンボリなどでライトアップされ、夜桜見物の客でにぎわう[要出典]

2008年のチャレンジ!おおいた国体も関連して運動施設の整備が進められるのに伴い、既存の大貞公園を含めた地域の都市計画の見直しが行われ、名称を大貞総合運動公園とし、運動公園として整備することが決定された[1]

この大貞総合運動公園として整備により、中津競馬場跡地の一角には2008年(平成20年)に中津市総合体育館が完成し、グラウンド・ゴルフ場などの整備も行われた[2]

大貞総合運動公園整備事業の最後となった硬式野球場は2014年(平成26年)4月8日に起工式が行われ[2]2015年(平成26年)3月に完成し[3]、同年5月17日に落成式が行われ[4]、そして、同月24日にウエスタン・リーグ福岡ソフトバンクホークス広島東洋カープの試合を完成記念として開催し[5]翌月1日から一般市民向けの利用が開始されることになった[4]

2016年4月1日より、中津市に本社を置くダイハツ九州とネーミングライツ契約を結び「ダイハツ九州スポーツパーク大貞」の愛称となり、市総合体育館は「ダイハツ九州アリーナ」、硬式野球場は「ダイハツ九州スタジアム」、軟式野球場は「ダイハツ九州軟式野球場」となる。期間は2019年3月までの3年間。

この競馬場跡地部分にも、将来的に桜の名所とすることを目指して、市民による桜の植樹が行われている[要出典]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第136回大分県都市計画審議会案件概要 2005年3月30日[リンク切れ]
  2. ^ a b 福永方人(2014年4月9日). “野球場:甲子園級、起工 中津・大貞総合運動公園”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ 大漉実知朗(2015年3月23日). “新野球場:中津に完成 5月、ホークス招きこけら落とし”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  4. ^ a b 占部正彦(2015年3月24日). “中津市に新野球場 5月にプロ野球二軍戦も”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  5. ^ 山本泰久(2015年5月25日). “プロ野球:ホークス2軍戦、新球場完成記念試合に2400人 中津”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

座標: 北緯33度33分53.1秒 東経131度12分43.9秒 / 北緯33.564750度 東経131.212194度 / 33.564750; 131.212194