大賀弥四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大賀弥四郎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正2年(1574年)?
主君 徳川家康
氏族 大賀氏(大岡氏?)

大賀 弥四郎(おおが やしろう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将徳川氏の家臣。姓は正しくは大岡氏であったとする説もある[1]

生涯[編集]

徳川実紀』によると、初めは徳川家康中間だったが、算術に長じていたため会計租税の職に試用された後、三河国奥郡20余郷の代官に抜擢された。普段は家康の居する浜松にありながら、ときどき岡崎にいる嫡男・松平信康の用も務めるようになり、両者の信任を得て権勢並びなき者となり増長した。しかし、家康の家臣・近藤某[2]が領地を加増されたとき、弥四郎が自分の執成しによるものだと放言したため、近藤は弥四郎に追従してまで加増されたくはないと返上を申し出た。このことがきっかけで、家康が弥四郎の日頃の悪行を耳にすることになり、弥四郎は家康の命で捕らわれて、免職されて家財を没収された。間もなく釈放された。

これに根を持った弥四郎が小谷甚左衛門・倉知平左衛門・山田八蔵と共謀し、岡崎城を乗っ取って武田勝頼を手引きすることを書いた、武田方への書簡が発見された。山田八蔵も変心して家康・信康に訴え出たため、弥四郎はふたたび捕らわれて馬に乗せられて浜松城下を引き回され、妻子5人が磔にされたのを見せられた後、岡崎で土に埋められ首を通行人に竹鋸で引かれ、7日後に死亡した。なお、小谷は甲斐国へ逃れ、倉知は討ち取られ、山田は千石を加増されたという。

三河物語』では、上記の逸話の他に、弥四郎の讒言によって家康と信康の間が険悪になったとも記されている。なお、近年ではこの事件を天正3年(1575年)の出来事とし、同年5月21日に発生した長篠の戦いの原因となった武田勝頼の三河侵攻は弥四郎との通謀の上で行われたとする説もある[1]

山岡荘八の『徳川家康』などのフィクションでは、築山殿と武田の間者である医師の減敬とも共謀して武田勝頼に内通していたように描かれているものもあるが、史料の裏づけはない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 柴裕之「長篠合戦再考」『織豊期研究』12号、2010/柴『戦国・織豊期大名徳川氏の領国支配』岩田書院、2014年
  2. ^ 『三河物語』によると、近藤登之助(壱岐)と記されている。

大賀弥四郎をあつかった作品[編集]