大賀祥治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大賀 祥治(おおが しょうじ、1954年 - )は、日本の生物学者九州大学大学院農学研究院環境農学部門森林環境科学講座教授、同大学農学部附属演習林教授、同大学総合研究博物館教授。農学博士。専門は、きのこ学、森林資源学。とくに食用ならびに薬用キノコの生理特性や生産技術、森林の木材腐朽菌および菌根菌。

経歴[編集]

1954年岡山県生まれ。香川大学大学農学部農芸化学科卒業、九州大学大学院農学研究科林産学専攻修士課程修了。

九州大学助手、助教授を経て、現職。この間、英国国立国際園芸学研究所客員研究員、ロンドン大学客員研究員、韓国国立忠北大学客員研究員、中国吉林農業大学客員研究員などを歴任。九州大学発ベンチャー企業「マッシュピア」の会長でもある。

受賞歴[編集]

  • 第23回森喜作賞(2000年度)
  • 第42回日本木材学会賞(2001年度)
  • 第7回日本きのこ学会賞(2006年度)

著書[編集]

  • 『キノコを科学する』(共著) 地人書館(2001年)
  • 『生活環境論』(共著) 地人書館(2002年)
  • 『木材科学講座11 バイオテクノロジー』(共著) 海青社(2002年)
  • 『キノコ学への誘い』(編著) 海青社(2004年)
  • 『元気に生きる本』(共著) 東洋医学舎(2004年)
  • 『きのこ年鑑』(共著) プランツワールド(2004年)
  • 『木のびっくり話100』(共著) 講談社(2005年)