大賀隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大賀 隆(おおが たかし)は、日本の建築家

名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)を卒業[1]。昭和四年朝日新聞社主催朝日住宅図案 : 懸賞中小住宅に参加。

1933年(昭和8年)に完成した朝香宮邸権藤要吉のもとで担当[1]

また主任技手として、1926年(大正15年)完成の洋館木造建築である那須御用邸本邸を技師鈴木鎮雄のもとで手がける[1]

その他、図書寮庁舎、楽部庁舎をそれぞれ権藤要吉、藤田文蔵らのもとで手がけている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『皇室建築 内匠寮の人と作品』419頁。

参考文献[編集]

  • 084 日本福音ルーテル札幌教会札幌礼拝堂(昭和9年)について(歴史(1),講演研究論文、計画・技術報告) 中山 智隆 , 角 幸博 , 小澤 丈夫 , 石本 正明 , 外川 麻衣子 日本建築学会北海道支部研究報告集 (81), 341-344, 2008年6月
  • 日本近代住宅保存のための評価私案 山口 廣 建築雑誌 122(1562), 4-5, 2007年5月
  • 鈴木博之監修、内匠寮の人と作品刊行委員会編『皇室建築 内匠寮の人と作品』建築画報社、2005年。
  • momo vol.15 アート特集号 著者: マイルスタッフ