大迫尚敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大迫 尚敏
Naoharu Osako.jpg
渾名 薩摩の乃木大将
生誕 1844年12月24日
日本の旗 薩摩国
死没 (1927-09-20) 1927年9月20日(82歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1907
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
除隊後 学習院院長
テンプレートを表示

大迫 尚敏(おおさこ なおはる、天保15年11月15日1844年12月24日) - 昭和2年(1927年9月20日)は、日本の武士薩摩藩士、陸軍軍人華族学習院長第7師団長等を務める。栄典陸軍大将正二位勲一等功二級子爵

経歴[編集]

薩摩藩士・大迫新蔵の長男として生まれる。造士館生徒として学び、薩摩藩5番組として薩英戦争に従軍する。

戊辰戦争従軍の後、明治4年(1871年)3月、陸軍に入り御親兵に属す。同年少尉中尉と進み明治6年(1873年)、陸軍省八等出仕、明治7年(1874年)には陸軍大尉を命ぜられる。

明治10年(1877年)、西南戦争に出征し、熊本城篭城戦に参加。2月27日、草場学校制圧の指揮を取り、顔面を負傷[1]

少将時代の大迫尚敏

戦中の同年4月に陸軍少佐熊本鎮台参謀に進む。明治16年(1883年)6月、陸軍中佐歩兵第6連隊長、明治18年(1885年)5月、近衛歩兵第1連隊長、明治20年(1887年)には陸軍大佐に進級し、明治23年(1890年)10月、第4師団参謀長、翌年の参謀本部第1局長を経て、明治25年(1892年)9月、陸軍少将に進み歩兵第5旅団長に就任する。

この時、日清戦争が起こり出征する。その功により明治28年(1895年)8月、男爵の爵位を授かり華族に列せられ、功三級金鵄勲章を賜る。その後、職は参謀本部次長、階級は陸軍中将に進み明治33年(1900年)4月、永山武四郎中将の後任として第7師団長に就任する。第7師団の母体は北海道開拓と防衛を目的とした屯田兵で、師団改編から4年しか経っていなかった。

明治37年(1904年)2月に始まった日露戦争では、戦況が芳しくない旅順要塞攻略の為、8月に第7師団の動員が決まった。乃木希典大将の指揮する第3軍に組入れられ、二〇三高地の攻撃に当たった。その後も奉天会戦に参戦し明治39年(1906年)3月に帰国する。この時の功により同年4月、功二級金鵄勲章を賜り、5月に陸軍大将に進む。

明治40年(1907年)9月、子爵に陞爵し、同年11月13日、予備役に編入となる[2]1909年4月1日に後備役となる[3]1914年(大正3年)4月1日に退役した[4]

大正元年(1912年)11月から殉死した乃木希典大将の後任として学習院院長に就任し、同6年(1917年)8月まで務める。昭和2年(1927年)9月20日、薨去。同日付勲一等旭日桐花大綬章受章。

栄典[編集]

位階


勲章等
外国勲章佩用允許

人物[編集]

古武士的な風貌に加え、和歌や漢詩に長じ、息子を旅順戦で亡くしたり、乃木の後任として学習院長を務めるなどの経歴から「薩摩の乃木大将」の異名を持つ。

親族[編集]

  • 弟は大迫尚道陸軍大将。
  • 妻は山本盛英陸軍中佐の娘。
  • 三男の三次は陸軍士官学校を14期で卒業、軍人となるも戦死する。階級は陸軍中尉。
  • 娘は陸軍大将林仙之に嫁ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ 熊本籠城談p46
  2. ^ 『官報』第7315号、明治40年11月14日。
  3. ^ 『官報』第7755号、明治42年5月5日。
  4. ^ 『官報』第510号、大正3年4月14日。
  5. ^ 『官報』第35号「叙任」1883年8月10日。
  6. ^ 『官報』第4319号「叙任及辞令」1897年11月22日。
  7. ^ 『官報』第5740号「叙任及辞令」1902年8月21日。
  8. ^ 『官報』第6650号「叙任及辞令」1905年8月29日。
  9. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  10. ^ 『官報』第764号「叙任及辞令」1886年1月21日。
  11. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  12. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
  13. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  15. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第4810号「敍任及辞令」1899年7月14日。


軍職
先代:
永山武四郎
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 第7師団長
第2代:1900年4月25日 - 1906年7月6日
次代:
上田有沢
日本の爵位
先代:
陞爵
子爵
大迫(尚敏)家初代
1907年 - 1927年
次代:
大迫尚一
先代:
叙爵
男爵
大迫(尚敏)家初代
1895年 - 1907年
次代:
陞爵