大道寺繁清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大道寺繁清
時代 江戸時代
生誕 明暦3年(1657年
死没 元禄14年(1701年
別名 次郎市、隼人(通称)、為直、明貞
墓所 弘前市耕春山宗徳寺
主君 津軽信政
氏族 大道寺氏
父母 父:大道寺為久、母:大道寺直秀の娘・喜久
伊与(津軽信義の娘)
直聴 

大道寺 繁清(だいどうじ しげきよ)は、江戸時代前期から中期の弘前藩士。

生涯[編集]

天和元年(1681年)、幕府より弘前藩が命じられた越後国魚沼四郡と越前検地の総奉行となる。この際、同じ大道寺氏で越前福井藩に仕えていた軍学者の大道寺友山と交流する。のち、弘前藩家老の津軽政方は友山の娘を妻に迎えている。

貞享元年(1684年)、弘前藩内の検地の総奉行になり、元禄3年(1690年)に家老となった。

文武両道、高潔で、主君津軽信政から信任された。室は信政の妹である。

参考文献[編集]

  • 「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社