大道長安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大道長安(だいどうちょうあん、おおみちちょうあん、天保14年4月1日1843年4月30日)- 明治41年(1908年6月15日)は、明治期の曹洞宗。救世教の祖。初め機外禅透と号したが、のち大道長安、救世教を開いてからは救世仁者とも号した。越後国(新潟県)の出身。

略歴[編集]

幕末1848年嘉永元年)越後国長岡の曹洞宗長興寺で得度し、1854年安政元年)長興寺の兄弟子である大雲寺・柏庭大樹に師事し、その養子となった。 明治維新後の1873年(明治6年)大樹のあとを受けて岡山県津山・長安寺の住職となり「大道山長安寺」から大道長安に改名。

長岡の長興寺の住職になると1876年(明治9年)新潟県曹洞宗教導職取締という要職についた。しかし、宗門に安住できず1878年(明治11年)救世会を設立して布教と貧児救育活動を行った。

1886年(明治19年)に長野県で救世教会の創立を宣言して僧籍を離脱、観音信仰と在家主義に立ち、社会貢献を訴える救世主義を唱えた。このときの同志に、のち永平寺・総持寺貫首となる鈴木天山がおり、また中村仙巌などのちに曹洞宗尼僧団を牽引する尼僧が救世教の布教を担っている。また長岡で図書館「互尊文庫」を開いた野本恭八郎など、文化人に多大な影響を与えている。1889年(明治22年)には雑誌「救世之光」を創刊、1895年(明治28年)本部を東京麹町に移し、京阪地域まで自ら足を延ばして各地に教線を広めた。

明治41年、長安が入寂すると救世教は三代まで続いたようだが、活動を主導する後継者をたてることができず消滅した。

その後[編集]

長安の弟弟子・大道禅瑞は北海道釧路の定光寺住職をつとめ、曹洞宗内には長安の法系が現存している。

[編集]

墓は、寛永寺谷中墓地。乙13号2側向かい。旧長昌院墓地裏手。円筒形の墓碑。墓域は荒れている。正面「救世教祖大道長安仁者墓」。新潟県小千谷市船岡山と岡山県津山市長安寺にもある。

著書[編集]