大邱広域市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大邱広域市(テグこういきし、たいきゅうこういきし、: 대구광역시: Daegu)は、大韓民国東南部の内陸にある広域市である。ソウル釜山に次ぐ、韓国第3の都市である。大邱は八公山や琵瑟山などの高い山に囲まれた盆地であるため、大韓民国で最も気温の高い都市に属し、大邱は特殊型気候の地域に分類される。都市は繊維産業を中心に成長し、1981年7月1日、大邱市は直轄市に昇格、1995年1月1日、地方自治体が施行され大邱広域市に改称された。東城路や中央路を中心として都心部を形成している。市庁所在地は中区 東仁洞 1街で、行政区域は7区1郡である。[1]

大邱広域市
略称: Daegu;대구;大邱;テグ
대구이미지 조합.jpg
時計回りに上から:市街の夜景、西門市場、大邱広域市庁と大邱市議会庁舎、慶北大学校医科専門大学院、桐華寺大仏
位置
大邱広域市の位置
地図
Map Daegu-gwangyeoksi ja.png
各種表記
ハングル: 대구광역시
漢字: 大邱廣域市
日本語読み仮名: たいきゅうこういきし
片仮名転写: テグ=グァンヨクシ
ローマ字転写 (RR): Daegu-Gwangyeoksi
統計(2018年
面積: 883.56 km2
総人口: 2,501,673(外国人含む)[2]
男子人口: 1,242,733 人
女子人口: 1,258,940 人
人口密度: 2831 人/km2
世帯数: 1,006,753 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
下位行政区画: 7区1郡3邑6面130洞
ISO 3166-2: KR-27
行政区域分類コード: 22
大邱広域市の木: モミ
大邱広域市の花: モクレン
大邱広域市の鳥: ワシ
自治体公式サイト: 大邱広域市
テンプレートを表示

大邱広域市の象徴[編集]

象徴[編集]

大邱広域市の鳥
  • ワシ
大邱広域市の木
  • モミ
大邱広域市の花
  • モクレン

ロゴ[編集]

「八公山と洛東江」のイメージを形象化したもので、未来志向的進取性や世界志向的開放性を追及する活気に満ちた都市的イメージを表現している。

キャラクター[編集]

大邱広域市のキャラクターは、韓国の伝統的な飛天像模様の美的感覚を21世紀の世界的繊維ファッション都市に発展させるという大邱市のイメージと調和するように形象化されたもので、繊維ファッション都市を象徴する「Fashiony」である。

ブランドスローガン[編集]

色彩が「多様なカラフルさ」を意味し、若く、明るく、素晴らしく、華麗で、活気に満ちた都市のイメージをもたらし、様々な姿の発展的な大邱を表している。


行政[編集]

行政区域図

大邱広域市は7つの「区」と1つの「郡」でできている。2017年12月31日、住民登録人口は1,006,753世帯、2,501,673名である。

大邱は1392年から1896年まで慶尚道の道都であり、1896年に道制がしかれて以来は慶尚北道の道都となった。1981年に直轄市に昇格し、1995年に広域市となった(慶尚北道庁は2016年安東市に移るまで大邱に所在していた)。1938年には115.65平方キロを面積としていたが、周辺地域との併合・分離を何度か行っており、広域市昇格時にほぼ現在の面積となっている。

市長[編集]

大邱広域市長を参照。

市議会[編集]

  • 30議席(地域区27+比例代表3)任期は4年。地域区は小選挙区制
党派別議席(2017年5月22日現在)
合計 内訳
自由韓国党 正しい
政党
セヌリ党 共に
民主党
合計 30 24 3 2 1
内訳 地域区 27 22 3 2 -
比例代表 3 2 - - 1
出典:大邱広域市議会ホームページの“의원광장 >의원소개”(議員広場>議員紹介)。(2017年5月22日閲覧)。

[編集]

[編集]

読みと各種表記は大韓民国の地方行政区画を参照。

人口及び世帯数[3]            (単位:人、世帯)

区分 人口数 世帯数
人口数(計) 人口数(男) 人口数(女)
2,501,673 1,242,733 1,258,940 1,006,753
中区 79,759 38,758 41,001 37,856
東区 351,206 173,960 177,246 148,719
西区 194,379 98,127 96,252 86,738
南区 153,963 74,585 79,378 73,442
北区 446,201 223,004 223,197 174,617
寿城区 440,743 214,592 226,151 164,900
達西区 586,532 292,069 294,463 224,583
達城郡 248,890 127,638 121,252 95,898

国際交流[編集]

姉妹都市[編集]

親善協力都市[編集]

歴史[編集]

日本統治時代の大邱

大邱 達西区 月城洞にて旧石器時代の遺物である細石刃石器が含まれた遺跡の発掘により、おおよそ2万~1万年前から大邱に人が住んでいたことが推定される。大邱の昔の名前として、タボル(다벌、多伐)、タルボル(달벌、達伐)、タルブルソン(달불성、達弗城)、タルクボル(달구벌、達句伐)、タルクファ(달구화、達句火)テグ(대구、大丘)がある。そのうちタルクボル(달구벌)とテグ(大丘)が有名である。これらは古代朝鮮の固有語の音写で、おおむね「大きい原野」などの意味となる。

757年新羅 景徳王16年)、喟火郡は寿昌郡へ、タルグファヒョン(달구화현、達句火縣), 達句伐と呼ばれていたものは大丘県に改称された。

高麗時代は寿城郡と呼ばれ、1143年(高麗 仁宗21年)、大丘県は縣令官に昇格し、河濱縣、花園縣がこれに属した。

李氏朝鮮の時代より、大丘は慶尚道北部地域のうち行政上・経済上・文化上の中心都市へと変わっていった。

18世紀に大丘から現在の漢字の大邱に書き換えられている。これは「丘」が儒家の始祖、孔子であり、それに配慮し「邱」に置き換えたとされている(避諱)。長年にわたって慶尚道監営の中心地的位置を享受してきた大丘は、1895年(朝鮮 高宗32年)、慶尚監営が廃止されると共に大邱郡へと改編され、府庁所在地となった。

日本統治時代、1910年に大邱郡は大邱府(たいきゅうふ)に改められ[4]1914年に大邱府と達城郡は分離、独立後の1949年に大邱府は大邱市になっている。

8.15光復後、大邱は海外帰還同胞とベトナム避難民の定着により人口が急激に増加し、大韓民国の大都市として成長した。1950年7月16日、朝鮮戦争により8月17日まで大韓民国の臨時首都となり、1981年7月1日、慶尚北道 大邱市が大邱直轄市へと昇格した。1988年1月1日、西区及び南区の一部をもって達西区が設置され、1995年1月1日、地方自治体が施行されると共に大邱広域市に改称された。また、1995年3月1日、達城郡全域を慶尚北道から編入し、現在の大邱広域市は883.56 km2に拡大された。

さらに、大邱は2002年FIFAワールドカップ本選、2003年夏季ユニバーシアードを開催した経験をもとに、2011年大邱世界陸上競技選手権大会、2012年第93回全国体育大会、2013年大邱世界エネルギー総会が開催された。以降、2015年第7回世界水フォーラムを開催した大邱市は、水産業の中心地として位置づけられている。

  • 1910年10月1日 - 大邱郡が大邱府に改称。
  • 1911年11月14日 - 大邱府東上面・西上面が合併し、大邱面が発足。
  • 1914年4月1日 - 大邱府を分割し、都市部である大邱面の大部分が新たな大邱府に昇格。大邱府の農村部と玄風郡を達城郡に改編。
  • 1917年4月1日 - 達城郡寿城面の一部を編入。
  • 1938年10月1日 - 達城郡寿城面および達西面・城北面のそれぞれ一部を編入。
  • 1949年8月15日 - 大邱府が大邱市に改称。
  • 1957年11月6日 - 達城郡東村面・月背面・城西面・嘉昌面・公山面を編入。
  • 1963年1月1日
    • 区制を実施。
    • 一部を達城郡に返還。
      • 公山出張所管轄区域の大部分 → 公山面。
      • 嘉昌出張所管轄区域部分 → 嘉昌面。
      • 城西出張所管轄区域 → 城西面。
      • 月背出張所管轄区域 → 月背面。
  • 1980年4月1日 - 東区の一部区域を分離し、寿城区を設置。(6区)
  • 1981年7月1日 - 慶尚北道大邱市が大邱直轄市に昇格。次の通りに市域を拡張。(6区)
    • 慶尚北道達城郡月背邑が南区に編入。
    • 慶尚北道達城郡城西邑が西区に編入。
    • 慶尚北道達城郡公山面・慶山郡安心邑が東区に編入。
    • 慶尚北道漆谷郡漆谷邑が北区に編入。
    • 慶尚北道慶山郡孤山面が寿城区に編入。
  • 1988年1月1日 - 西区・南区の各一部をもって達西区を設置。(7区)
  • 1995年
    • 1月1日 - 大邱直轄市が大邱広域市に改称。(7区)
    • 3月1日 - 慶尚北道達城郡を編入。(7区1郡)

地理[編集]

地形[編集]

大邱は標高が高く規模の大きな山脈に囲まれている盆地である。北側には八公山(1,193m)の山脈が、南側には琵瑟山(1,084m)の高い山並みが連なっている。また、新川が南から北へと流れ、北側で琴湖江と合流する。大邱市街地は、新川を中心に両側に広がっている。

大邱広域市


気候[編集]

全体的な降水量は少ない。最高記録気温は40℃、最低記録気温は-20.2℃にまで達したことがある。大邱は大韓民国で夏の平均気温が高い方である。1942年に大韓民国で観測以来最も高い最高気温である40℃を記録した。

大邱の気候の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 5.5
(41.9)
8.3
(46.9)
13.5
(56.3)
20.6
(69.1)
25.3
(77.5)
28.3
(82.9)
30.3
(86.5)
31.0
(87.8)
26.7
(80.1)
21.9
(71.4)
14.7
(58.5)
8.2
(46.8)
19.52
(67.14)
日平均気温 °C (°F) 0.6
(33.1)
2.9
(37.2)
7.8
(46)
14.3
(57.7)
19.1
(66.4)
22.8
(73)
25.8
(78.4)
26.4
(79.5)
21.7
(71.1)
15.9
(60.6)
9.0
(48.2)
2.9
(37.2)
14.1
(57.37)
平均最低気温 °C (°F) −3.6
(25.5)
−1.6
(29.1)
2.8
(37)
8.4
(47.1)
13.5
(56.3)
18.2
(64.8)
22.3
(72.1)
22.8
(73)
17.6
(63.7)
10.8
(51.4)
4.2
(39.6)
−1.5
(29.3)
9.49
(49.08)
降水量 mm (inch) 20.6
(0.811)
28.2
(1.11)
47.1
(1.854)
62.9
(2.476)
80.0
(3.15)
142.6
(5.614)
224.0
(8.819)
235.9
(9.287)
143.5
(5.65)
33.8
(1.331)
30.5
(1.201)
15.3
(0.602)
1,064.4
(41.905)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 4.5 5.2 7.3 7.8 8.6 9.5 14.4 12.8 9.6 5.1 5.0 4.3 94.1
湿度 54.4 53.6 54.1 53.2 58.7 65.5 73.8 72.9 71.3 64.5 60.3 56.8 61.59
平均月間日照時間 193.5 185.2 202.9 220.4 229.7 183.8 151.3 165.3 161.1 203.2 180.0 189.7 2,266.1
出典: Korea Meteorological Administration [5]

経済[編集]

2015年大邱の地域内総生産(GRDP)の規模は48兆8,690億ウォンであり、前年比2兆3,453億ウォン(5.0%)増加した。また、一人当たりの個人所得は1千975万ウォンに増加した。

産業[編集]

農業[編集]

1995年、大邱と達城郡の統合により、農業の比重が高くなった。2015年基準の農家号数は16,571号、農家人口は44,542人、農耕地面積は8.291haである。洛東江と琴湖江を持つ達城郡地域で米が多く生産されたが、現在は近郊農業や酪農業の比率が高くなっている。

産業[編集]

大邱は昔から交通の要衝であり、嶺南地方商権の中心地として発達し、李氏朝鮮の時代にすでに全国3大市場の一つである西門市場と薬令市が名を響かせた。2017年基準では、大邱には9つの百貨店と21の大型スーパー、7つのショッピングセンター、151箇所の登録市場、1つの総合流通団地がある。

流通施設(単位:ヶ所)
百貨店 ショッピングセンター 大型スーパー 専門店 登録市場 その他大規模店舗
207 9 7 21 4 151 15
主要伝統市場(単位:戸)
市場名 所在地 店舗数
西門市場 中区 国債報償路 470一帯 3817
七星市場 北区 七星市場路 28一帯 995
八達市場 北区 八達路 37キル 11一帯 900
ソナム市場 達西区 達句伐大路 329キル 17一帯 196
鳳徳市場 南区 鳳徳路 27キル 16 一帯 323
総合流通団地(単位:㎡、戸)
区分 展示コンベンションセンター 卸売団地 企業館 物流団地 支援施設 公共施設用地
面積 837,721.1 79,966.0 165,102.6 56,449.2 160,588.3 50,470.8 325,144.2
業者数 2,977 32 2,538 217 108 82 -

工業[編集]

大邱は韓国の代表的な内陸工業地域として主従産業である繊維・金属・機械工業分野で成長してきた。過去に繊維業者数が全体の事業体のうち半分程度を占めるほど繊維工業に偏った構造であった。しかし2017年大邱市の全体の産業団地内の業者数は機械・金属工場が3,882箇所、繊維工場が1,736箇所と割合が変化した。

産業団地
産業団地名 位置 面積(千㎡) 業者数 等級 備考
城西産業団地 達西区、達城郡 多斯邑 10,835 2,566 地方 1, 2, 3, 4, 5次
達城産業団地 達城郡 論工邑、求智面 6,820 316 地方 1, 2次
大邱染色産業団地 西区 飛山7洞 855 124 地方 飛山染色工団
検丹産業団地 北区 検丹洞 796 323 地方
玉浦農工団地 達城郡 玉浦邑 160 38 農工
求智農工団地 達城郡 求智面 193 23 農工
第3工団 北区 魯院洞 1,094 991 一般
西大邱工団 西区 上中梨洞 2,417 533 一般
玄風工団 達城郡 玄風邑 265 8 一般
大邱サイエンスパーク 達城郡 求智面 265 8 国家
大邱尖端医療複合団地 東区 新西洞 1,030 0 国家 2009~2038年

未来先端事業[編集]

大邱は未来先端医療リード都市、未来型自動車リード都市、ICT・IoT基盤のスマートシティ、クリーンエネルギーグローバルハブ都市の助成を通した新成長産業の育成を行っている。

未来型自動車産業[編集]

未来型自動車産業分野では、電気商用車生産工場建設の投資協約、大同工業-ルノーサムスンコンソーシアムを通じた1トン級の電気商用車の開発及び生産確定、自動運転車テスト運行団地の指定(国土部)、電気自動車の普及及び充電インフラ構築など、未来型自動車リード都市としての基盤を作り上げている。

2017年大邱国際未来自動車エキスポ

スマートシティ[編集]

スマートシティ分野では、新たな成長動力として発展させることのできる地域革新プラットフォームである「大邱型スマートシティ」を助成するためICT・IoT(物のインターネット)融合技術競争力の確保、SW融合産業育成、ICT融合・複合スポーツ産業の育成を行っている。

2017年韓国ICT融合エキスポ

先端医療産業[編集]

医療産業分野は2018年まで15の国策研究機関、130の医療企業、4,300の良質の働き口を作り、25,000人の医療観光客誘致を目標に「メディシティ大邱」の助成に力をいれている。また、先端医療複合団地のグローバル水準の発展や、医療観光の拡大などによって大邱を世界的なメディシティへと発展させている。

韓国脳研究院先端装備センター
医療機関現況(2017年)
上級総合 総合病院 病院 療養病院 精神病院 医院 歯科病院 歯科医院 韓方病院 韓医院 助産院 敷設医院
3,667 4 8 112 61 1 1,714 18 868 2 871 - 8

新再生可能エネルギー[編集]

クリーンエネルギーのグローバルハブ都市助成のために、2030年まで新再生可能エネルギー20%以上普及、エネルギー消費量を15%削減することを目標にエネルギー新産業のTest-bedを構築、分散電源及びエネルギー効率の極大化、地域エネルギー関連産業の育成などを継続的に行っている。

2017クリーンエネルギーエキスポ


文化と観光[編集]

祭り[編集]

大邱の祭りは、カラフル大邱フェスティバル、国際ミュージカルフェスティバル、大邱チメクフェスティバル、大邱国際オペラ祭りがある。カラフル大邱フェスティバルは毎年5月に開かれる大邱広域市の代表的な市民の祭りであり、様々な文化芸術体験イベントや華やかなパレードを誇りとする大邱だけのフェスティバルである。ユネスコ音楽創造都市に選ばれた大邱は、大韓民国唯一の国際ミュージカルフェスティバルであるDIMFを2006年から毎年開催し、大邱市民はもちろんのこと、世界と共にミュージカルを楽しむことができるようにしている。また、チメクフェスティバルは大邱を代表とするチキンビールをテーマに作られた祭りである。毎年100万人の観光客を誘致しており、チキンやビール、体験コーナーなどで観光客の五感を満足させるフェスティバルである。大邱国際オペラ祭りは大邱オペラハウスの開館を機に毎年9~10月に開催され、大邱市の豊かな音楽的能力を活用し、文化コンテンツの開発を通して他地域とは異なった祭りを作り上げるために大邱広域市が開催している。

主な観光地[編集]

文化財[編集]

種類 個數(単位:点)
国家指定文化財(86) 国宝 3
重要文化財 66
天然記念物 2
史跡 8
国家民俗文化財 5
国家無形文化財 2
市指定文化財(114) 有形文化財 76
無形文化財 17
記念物 17
民俗文化財 4
登録文化財 11
文化財資料 53

観光コース[編集]

大邱広域市のテーマ別観光コースは大邱タイムトラベルコース、こんなにいいとはコース、錦繍江山のんびりコース、八公山ヒーリングコースの4つの観光コースがある。

・大邱タイムトラベルコース:E-world/83タワー-西門市場-三星商会古跡(李秉喆古家)-近代横丁-薬令市-東城路-金光石通り/パンチョン市場

・こんなにいいとはコース:アプ山展望台ケーブルカー-寿城池-トゥランキル-スパバレー-ヒルクレスト-大邱美術館-大邱スタジアム-鹿洞書院/達城韓日友好館

・錦繍江山のんびりコース: The ARC/江亭高霊伏-洛東江自転車道-大邱樹木園-馬飛亭壁画マウル- 琵瑟山岩塊流-国立大邱科学館-道東書院

・八公山ヒーリングコース:カッパウィ-桐華寺-大邱パンチャ鍮器博物館-八公山桜道-大邱市民安全テーマパーク

シティーツアー[編集]

大邱市の観光資源を広く知らせるために2000年12月2日に始まったシティーツアーは、各種文化遺跡、観光地、市政の現場などを巡り大邱の文化や歴史、観光地などを見学することのできる観光体験プログラムである。

定期コース

・1コース(八公山圏):不老洞古墳群→鳳舞公園→桐華寺→パンチャ鍮器博物館→申崇謙将軍遺跡地

・2コース(琵瑟山圏):玄風郭氏十二旌閭閣→道東書院→琵瑟山自然休養林→ユチゴン将軍護国記念館→玄風石氷庫

・3コース(花園圏):月谷歴史博物館→大邱樹木園→花園トンサン→南平文氏本里世居地→龍淵寺

・4コース(時至・嘉昌圏):鹿洞書院→ヒルクレスト(旧ハーブヒルズ)→大邱スタジアム→大邱スポーツ記念館→屯山洞慶洲崔氏宗家

・5コース(多斯圏):環境施設公団→啓明大学ヘンソ博物館→啓明韓学村→梅谷浄水場→六臣祠

・6コース(都心圏):薬令市韓医薬文化館→達城公園→大邱郷校→国立大邱博物館→亀岩書院

交通[編集]

大邱はバス、地下鉄が主な交通手段である。外部地域及び国家へは航空、鉄道、バスなどで移動可能である。

空港[編集]

大邱国際空港は民間航空と韓国・駐韓米空軍が共に使用している軍民両用空港である。東大邱駅から3.5km離れた場所に位置する大邱国際空港は、列車と連携して大韓民国全駅を移動することが容易である。特に大邱国際空港は慶山、永川などの周辺都市まで車で30分、ソウルまで高速列車(KTX)で1時間40分、釜山まで40分で移動することができる。

大邱国際空港

2018年現在の大邱国際空港国際線の主要路線は東京、成田、札幌、大阪、沖縄、福岡、上海、北京、瀋陽、三亜、台北、香港路線が運航中である。東アジア地域はバンコク、ダナン、セブ路線が、その他にもウラジヴォストーク、グアム路線が運行中である。

鉄道[編集]

大邱駅と東大邱駅から京釜線、慶北線、大邱線、東海線列車が利用可能である。

市内のKORAILの駅のうち、旅客列車が停車するのは大邱駅・東大邱駅のみであり、その他は旅客扱いを行っていない。

大邱市庁に近いのは市名を冠した大邱駅であるが、ターミナル駅は東大邱駅となっており、KTX・SRTは東大邱駅のみ停車。同駅には全ての列車が停車する。ソウル駅まで約1時間55分・釜山駅まで45分。

京釜高速線2期区間の開業以降、大邱線は東大邱駅始発の列車が大半となり、中央線東海線へ直通する列車が同駅を始発・終着とするものが多い。

大邱駅は経由する全てのITX-セマウルムグンファ号が停車する。

2020年には京釜線広域電鉄化され、大邱圏広域鉄道が開業予定である。

大邱圏広域鉄道:2018年4月、亀尾~慶尚区間が工事に入り、2020年開通予定。工事は2、3段階に分けて密陽と金泉まで行われる予定であり、西大邱駅複合乗換センターを建設し、KTXが開通される。

詳細は各線のページを参照のこと。

区分 一般(19歳以上) 青少年(13~18歳) 子供(6~12歳)
交通カード 1,250 850 400
1回券 1,400 1,400 500


道路[編集]

アジア高速道路1号線が大邱を貫通しており、京釜高速道路など7つの高速道路路線及び5つの国道路線が市街地を放射状に繋げている。新川大路、アプ山循環路、新川東路など都市高速道路へ拡充されている。

バス[編集]

  • 高速バス
    • 東大邱複合乗換センター(東大邱高速バスターミナルとも) 東大邱駅前にある。
    • 西大邱高速バスターミナル(コード805) 大邱バスターミナルの6km西に所在する。ソウル高速バスターミナルへは20分間隔で所要時間3時間50分。その他大田全州光州行きなど。
  • 市外バス 高速バスターミナルとは離れた場所に、方面により複数のターミナルがある。二つの高速バスターミナルと五つの市外バスターミナルで、全国各地に行くバスが運行されている。
  • 市内バス

 快速・循環・幹線・支線に分かれている。T-money等のICカードが利用可能。

収入金の分配は大邱広域市が担当し、バスの運行は個別の会社が行う準公共制で運営されている。 都市規模に比べて都市鉄道網が不足した大邱の大衆交通で、市内バスの役割は絶対的な位置を占めている。交通カードを利用し、バス・都市鉄道とも下車から30分以内に次の公共交通に乗り換える場合、無料/割引乗り換えができる。

利用料金(単位:ウォン)
区分 一般

(満19歳以上)

青少年

(満13~18歳)

子供

(満6~12歳)

一般バス カード 1,250 850 400
現金 1,400 1,000 500
急行バス カード 1,650 1,100 650
現金 1,800 1,300 800

タクシー[編集]

利用料金(単位:ウォン)
実行日 小型タクシー 中型タクシー 模範タクシー
基本

料金

走行

料金

時間

料金

基本

料金

走行

料金

時間

料金

基本

料金

走行

料金

時間

料金

2013.01.01 2km

2,200

170m

100

41秒

100

2kmまで

2,800

144m当たり

100

34秒当たり

100

3kmまで

4,000

150m当たり

200

36秒当たり

200

教育[編集]

大学[編集]

専門大学[編集]

  • 啓明(ケミョン)文化大学 -達西区
  • 大邱工業大学 -達西区
  • 大邱科学大学 -北区
  • 大邱保健大学 -北区
  • 寿城(スソン)大学校 -寿城区
  • 嶺南(ヨンナム)理工大学 -南区
  • 永進専門(ヨンジンチョンムン)大学校 -北区
  • 韓国ポリテクⅥ大学、大邱(テグ)キャンパス -西区
  • 韓国ポリテク大学、繊維ファッションキャンパス -東区

職業訓練機関[編集]

  • 韓国ポリテクⅥ大学、達成キャンパス -達城郡 論工邑

教育機関[編集]

大邱広域市 教育機関 (2017年)
学校別 大学院 大学 専門学校 高等学校 中学校 小学校 幼稚園
学校数 830 4 4 9 93 125 228 367
学生数 456,692 12,126 67,258 57,391 87,694 68,993 124,280 38,950
教員数 25,079 462 1,890 1,037 6,312 4,723 7,675 2,980
資料 : 2018 시정현황

スポーツ[編集]

大邱広域市を本拠とするプロスポーツチーム[編集]

韓国プロ野球の三星ライオンズは、2011年に韓国勢として初めてアジアシリーズを制した。Kリーグの大邱FCは、全国初の市民Kリーグクラブである。

種目 チーム名 創立年度 ホーム競技場
韓国プロ野球 サムスン・ライオンズ 1982年 大邱サムスン・ライオンズ・パーク
Kリーグ 大邱FC 2002年 大邱スタジアム
大邱サムスンライオンズパーク

その他[編集]

大邱スタジアムは、2002 FIFAワールドカップ2011年世界陸上競技選手権大会の会場となった。 2003年夏季ユニバーシアードは市内を会場とした。

メディア[編集]

  • 放送局
    • テレビ・ラジオ兼営
      • KBS 韓国放送公社(公共放送)大邱放送総局
      • 大邱文化放送 MBC(半官半民組織)MBC系 RCC中国放送(TBS系、広島市)及び広島FM放送と姉妹局提携している。
      • 大邱放送 TBC(民間放送)SBS系 HOME広島ホームテレビ(テレビ朝日系)と姉妹局提携している。
    • ラジオ局
      • 大邱基督教放送(CBS)
      • 大邱極東放送(FEBC)
      • 大邱平和放送(PBC)
      • 韓国交通放送大邱本部(TBN)
  • 新聞社:

最近の出来事[編集]

著名な出身者・ゆかりの人物[編集]

  • SUGA=슈가 閔玧其 ミンユンギ 歌手、防弾少年団のメンバー ラップ担当(大邱廣域市)
  • V=뷔 金泰亨 キムテヒョン歌手、防弾少年団のメンバー サブボーカル
  • S.COUPS= 歌手 SEVENTEEN のメンバー 本名 崔勝徹 ( チェ スンチョル )
  • IRENE= red velvet リーダー

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 대구광역시 위키백과 
  2. ^ 大韓民国国家統計ポータル > 人口・世帯 > 人口総調査> 人口部門 > 総調査人口(2018) > 全数部門 > 人口、世帯と住宅 - 邑面洞 2018年~2018年, 2018年4月18日閲覧
  3. ^ 대구광역시 주민등록 인구”. 2018年9月20日閲覧。
  4. ^ 明治43年10月1日朝鮮総督府令第7号による。『朝鮮総督府官報』第29号p. 14(明治43年10月1日)を参照。
  5. ^ 평년값자료(2010-2015) 대구(143)”. Korea Meteorological Administration. 2011年5月27日閲覧。