大野保四

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大野 保四
生誕 1915年12月13日
日本の旗 日本 茨城県 竜ヶ崎
死没 1945年6月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マリアナ東方
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1938 - 1945
最終階級 OF-4 - Kaigun Chusa.gif 海軍中佐
テンプレートを表示

大野 保四(おおの やすし、1915年大正4年)12月13日 - 1945年昭和20年)6月27日)は日本海軍軍人。回天特別攻撃隊轟隊の一艇。妻は紀美枝(きみえ)。

大正4年(1915年)12月13日、茨城県竜ヶ崎にて生まれる。海軍兵学校第65期を昭和13年(1938年)3月に卒業。太平洋戦争において伊号第百六十五潜水艦に乗艦し、回天二基を搭載して昭和20年(1945年)6月15日、山口県光市の光基地より出撃。マリアナ諸島の東方海域に向かったが、同年6月27日、マリアナ東方の北緯15度28分東経153度39分において米哨戒爆撃機の攻撃を受け戦没。戦死による一階級昇進で最終階級海軍中佐

栄典[編集]