大野八一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 大野八一雄 七段
名前 大野八一雄
生年月日 (1959-03-07) 1959年3月7日(58歳)
プロ入り年月日 1982年6月7日(23歳)
棋士番号 155
出身地 東京都足立区
師匠 椎橋金司
段位 七段
戦績
2014年6月18日現在

大野 八一雄(おおの やいちお、1959年3月7日 - )は、将棋棋士。棋士番号155。椎橋金司六段門下。2014年、引退。

棋歴[編集]

  • 奨励会への入会は16歳8ヶ月(高校2年)と非常に遅かったが、初段までハイペースで昇段するなど、大きく崩れることなく、23歳で四段昇段に伴いプロ入りを遂げた。
  • 1990年、新人王戦で準優勝(決勝三番勝負で、森下卓に敗戦)。
  • 第11期竜王戦で、ランキング戦5組で優勝して本戦出場を果たす(6組で優勝した北島忠雄に1回戦で敗れる)。
  • 順位戦では初参加の第42期(1983年度)よりC級2組に在籍。第46期(1987年度)及び第51期(1992年度)では7勝3敗の好成績だったが、昇級には至らなかった。第62期(2003年度)に3つ目の降級点を取り、フリークラスに陥落した。

将棋の普及活動[編集]

  • JR川口駅西口で「大野教室」を開室。植山悦行中井広恵夫妻を特別講師として迎え入れている。
  • 海外での普及活動に熱心であり、日本将棋連盟ロサンゼルス支部師範を務める。

その他[編集]

昇段履歴[編集]

在籍クラス[編集]

表彰[編集]

関連項目[編集]