大野勝彦 (建築家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大野 勝彦(おおの かつひこ、1944年12月15日 - 2012年)は、日本建築家。大野アトリエ一級建築士事務所所長。工学博士

経歴[編集]

福島県生まれ。1967年、東京大学工学部建築学科卒業。同大学院(内田祥哉研究室)にて建築の工業化を研究、「部品化建築論」で工学博士。

1970年、積水化学工業と共同で、低価格で高性能のプレファブリック(プレハブ工法)住宅として現在も高く評価されている「セキスイハイムM1」を開発。1971年、大野アトリエ一級建築士事務所を設立。住宅設計や住宅地計画に携わりながら、福島県喜多方市福井県大野市茨城県結城市などの町並み整備や地域住宅計画(HOPE計画)など、日本各地のまちづくり計画も手掛け、その活性化に貢献した。

著書[編集]

  • 『現代民家と住環境体』 鹿島出版会SD選書105〉、1976年 ISBN 978-4306051058
  • 『地域住宅工房のネットワーク 住まいから町へ、町から住まいへ』 彰国社、1988年 ISBN 978-4395002474
  • 『七つの町づくり設計-現代の住宅』 丸善、1997年 ISBN 978-4621042816
  • 『現代の住宅-木造住宅』 丸善、1998年 ISBN 978-4621043882