大野原古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大野原古墳群(おおのはらこふんぐん)は、埼玉県秩父市にある古墳群である。

解説[編集]

横瀬川左岸の段丘上に形成され、78基の古墳が確認されている。かつては「百八塚」とも呼ばれ、立地する地区の名前をとって「黒草支群」、「大野原支群」、「蓼沼支群」、「下小川支群」の4支群に分けられている。築造時期は7世紀後半から8世紀初頭と見られている。黒谷に鎮座する聖神社には大野原古墳群出土の鉄刀鉄鏃蕨手刀円筒埴輪和同開珎が保存されている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 塩野博 『埼玉の古墳 - 比企・秩父』 さきたま出版会2004年9月、pp,511-517。ISBN 978-4-87891-382-2。

関連項目[編集]