大野恒太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大野 恒太郎(おおの こうたろう、1952年4月1日[1] - )は、日本検察官弁護士法務事務次官東京高等検察庁検事長、検事総長等を歴任。

経歴[編集]

東京都生まれ。1970年東京都立富士高等学校卒業[2]1974年東京大学法学部卒業、司法修習、(1978年ハーバード・ロー・スクールLL.M(法学修士))。

1976年検事任官、東京地方検察庁検事。ハーバード大学留学を経て、1982年法務省刑事局付、1987年大阪地方検察庁検事、1989年東京地方検察庁検事、1994年法務省刑事局参事官、1996年法務省大臣官房参事官、1998年法務省刑事局総務課長、2000年東京地方検察庁総務部長、2001年内閣官房司法制度改革推進本部事務局次長、2004年宇都宮地方検察庁検事正、2005年最高検察庁総務部長、2007年法務省刑事局長、2009年法務事務次官等を経て、2011年8月仙台高等検察庁検事長。2012年7月20日より東京高等検察庁検事長、[3][4] 2014年7月18日、検事総長2016年11月弁護士登録(第一東京弁護士会)、森・濱田松本法律事務所q客員弁護士[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
小津博司
法務省刑事局長
2007年 - 2009年
次代:
西川克行
先代:
小津博司
法務事務次官
2009年 - 2011年
次代:
西川克行
先代:
岩村修二
仙台高等検察庁検事長
2011年 - 2012年
次代:
北村道夫
先代:
小津博司
東京高等検察庁検事長
2012年 - 2014年
次代:
渡辺恵一