大野英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大野 英男
Hideo Ohno.jpg
生誕 (1954-12-18) 1954年12月18日(64歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
研究機関 北海道大学
東北大学
出身校 東京大学
主な業績 磁性半導体
主な受賞歴 日本学士院賞(2005年)
トムソン・ロイター引用栄誉賞(2014年)
江崎玲於奈賞(2016年)
C&C賞(2016年)
プロジェクト:人物伝

大野 英男(おおの ひでお、1954年12月18日 - )は、日本の物理学者であり、磁性半導体の第一人者。東北大学教授[1]2018年4月から第22代東北大学総長[2]

東京都出身。 父は化学者北海道大学名誉教授大野公男、叔父は弁護士で元最高裁判事大野正男、祖父は元大蔵次官大野龍太

略歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東北大学サイエンスカフェ
  2. ^ a b 歴代総長 東北大学 2018年6月6日閲覧
  3. ^ 大野英男教授が「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞 有力候補者)」を受賞”. 東北大学 (2011年9月21日). 2014年9月26日閲覧。