大野茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大野 茂(おおの しげる、1928年1月8日 - 2006年6月2日)は、日本実業家九州電力代表取締役社長や、同社代表取締役会長、九州・山口経済連合会会長等を歴任した。旭日大綬章受章。

人物・経歴[編集]

1951年九州大学経済学部卒業[1]日本発送電入社。九州電力東京支社長、九州電力取締役副社長を経て1991年から九州電力代表取締役社長を務めた。1997年九州電力代表取締役会長。同年より九州・山口経済連合会(現九州経済連合会)会長を務め、九州・沖縄サミット協力特別委員会を設立。2000年の第26回主要国首脳会議への対応にあたった。王貞治後援会王友会会長等も歴任[2]。2004年秋の叙勲で旭日大綬章受章[3][4]。2006年急性心筋梗塞のため福岡市内の病院で死去。享年78[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「九大OBから辛口エール~九州大学懇話会~「社会が九州大学に期待する人材養成」をテーマに懇談」九州大学
  2. ^ 大野茂氏死去/九州電力相談役・元社長四国新聞社2006/06/02 18:54
  3. ^ 「秋の叙勲 有馬氏に旭日大綬章 都甲氏に旭日重光章」]原子力産業新聞] 2004年11月4日 第2258号 <1面>
  4. ^ 九 経 連 2014九州経済連合会
  5. ^ 当社 大野 茂相談役の逝去について九州電力株式会社


先代:
渡辺哲也
九州電力社長
第7代:1991年 - 1997年
次代:
鎌田迪貞
先代:
川合辰雄
九州・山口経済連合会会長
第5代:1997年 - 2003年
次代:
鎌田迪貞