大野雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大野 雄次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県富津市
生年月日 (1961-02-02) 1961年2月2日(59歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 1986年 ドラフト4位
初出場 1987年6月25日
最終出場 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

大野 雄次(おおの ゆうじ、1961年2月2日 - )は、千葉県富津市[1]出身の元プロ野球選手内野手)、解説者

来歴・人物[編集]

小学校2年の時に野球を始め、中学時代は捕手[1]君津商業高校では捕手として高校通算48本塁打を記録し、専修大学に進学したが1年の夏に肩を壊して3ヶ月間入院。中退して川崎製鉄千葉に入社し、最初はなかなか芽が出ず、1984年にチームは都市対抗に進出したが、控え捕手であった大野の試合出場はならなかった。1985年に内野手に転向すると、5月JABAベーブルース杯争奪大会で2本塁打を放ってチームの初優勝に貢献。同年には公式戦で打率.347、10本塁打、29打点を上げて名を上げた。1986年には打率.419、14本塁打、32打点とさらに成績を上げて、同年のドラフト4位で横浜大洋ホエールズに入団[1]。入団時に既に子供がおり、「子連れルーキー」とあだ名された。1年目の1987年6月25日ヤクルト戦(横浜)に6番・一塁手で初先発・初出場を果たし、高野光から初安打も記録。3日後の同28日には巨人戦(後楽園)で4回表に加藤初から適時打を放って初打点、さらに同30日阪神戦(平塚)で4回裏に工藤一彦からソロ本塁打を放って初本塁打を記録。1年目は108打数で5本塁打を含む10本の長打を記録して長打力をアピールしたが、打率は.231に留まった。2年目の1988年にはオープン戦でチームトップの4本塁打・14打点を記録して開幕スタメンを勝ち取ったが、開幕3連戦で9打数6三振と大崩れして二軍落ちし、結局同年は25打数で僅か3安打に終った。3年目の1989年には5月13日中日戦(横浜)で自身初の4打数4安打を放つなど、119打数33安打で打率.277、1990年には126打数39安打で打率.310と打撃では勝負強く結果を残したが、守備に課題があったため主に代打の切り札として活躍した。1991年12月鴻野淳基との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍するが[1]、巨人では活躍することができず、1993年11月自由契約となった。事実上の戦力外通告を受けて退団し、その後は西武ライオンズへの入団が内定したが、野村克也監督に拾われ、1994年にヤクルトスワローズへ移籍[1]。同年秋には右肩を脱臼しているが[1]1995年オリックスとの日本シリーズでは10月21日の第1戦(GS神戸)では清原雄一から代打本塁打を放ち、史上4人目のシリーズ初打席初本塁打を記録。1996年には4月16日の阪神戦(甲子園)で2点を追う9回表に一死満塁という場面で秦真司が代打に送られるが、代打の代打に大野が送られて同年の初打席に入り、古溝克之からNPB史上5人目[2]となる代打の代打で逆転満塁本塁打を放った。同年には8月10日広島戦(神宮)でも石井弘寿の代打で山内泰幸から逆転満塁本塁打を放ち、当時の日本記録となるシーズン2度の代打逆転満塁本塁打を記録。同年には8安打ながらうち4本が本塁打であり、代打の切り札として野村再生工場で再活躍した選手の1人となった[3]。「代打では変化球の軌道がイメージできない」との理由から、ストレートだけに的を絞るバッティングにこだわり、チームメイトから「槍」と揶揄されていた。1997年風疹で40度の高熱に苦しみ1週間寝込んだが、その間に筋力が落ちて0本塁打に終わり、1998年に現役を引退[1]。大洋→巨人→ヤクルトという関東圏のセ・リーグ3球団を渡り歩いた(他に平田薫)。

引退後は1999年からJ SPORTS解説者を行っていたが、現在はJR田町駅前で鰻・牛タンの小料理屋「大乃」を経営しているほか、スポーツ教室や講演等をこなしている[1]2013年より2017年まで富山県クラブチームロキテクノベースボールクラブ監督を務め、2018年からは同チームのシニアディレクターを務めている。2020年6月27日、現役時代に所属経験のある巨人とOBスカウトとしての契約を締結し、神奈川エリアの有望選手の情報を巨人に提供する役割を担うことになった[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 大洋 42 119 108 15 25 3 2 5 47 19 2 2 1 2 6 0 2 18 3 .231 .280 .435 .715
1988 19 28 25 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 1 0 1 10 0 .120 .179 .160 .339
1989 51 124 119 7 33 9 0 1 45 15 0 0 2 0 3 0 0 32 2 .277 .295 .378 .673
1990 57 149 126 17 39 8 0 5 62 18 0 1 2 1 19 3 1 21 1 .310 .401 .492 .893
1991 49 137 117 17 27 6 0 4 45 19 0 0 2 2 15 0 1 18 2 .231 .319 .385 .703
1992 巨人 51 85 75 8 18 5 0 2 29 7 0 0 0 0 10 0 0 19 2 .240 .329 .387 .716
1993 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1994 ヤクルト 57 114 97 11 21 2 0 5 38 12 1 0 0 0 17 0 0 30 4 .216 .333 .392 .725
1995 46 33 29 2 8 2 0 1 13 11 0 0 0 1 3 0 0 9 2 .276 .333 .448 .782
1996 47 42 36 5 8 1 0 4 21 10 0 0 0 0 6 1 0 10 3 .222 .333 .583 .917
1997 35 39 38 2 8 2 0 0 10 4 0 2 0 0 1 0 0 11 2 .211 .231 .263 .494
1998 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:12年 457 876 776 85 190 39 2 27 314 116 3 5 7 7 81 4 5 179 21 .245 .318 .405 .722

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8 (1987年 - 1991年)
  • 32 (1992年 - 1993年)
  • 30 (1994年 - 1998年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、109ページ
  2. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ
  3. ^ 気遣いの代打起用 「すまんな、いきなりこんな場面で」 野村克也
  4. ^ 読売巨人軍OBスカウトとの契約締結について”. 読売ジャイアンツ (2020年6月27日). 2020年9月19日閲覧。
  5. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ

関連項目[編集]