大関増勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
大関増勤
大関増勤.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永2年1月5日1849年1月28日
死没 明治38年(1905年8月9日
改名 泰次郎(幼名)→増勤
戒名 賢忠院殿博雄為山大居士
墓所 栃木県大田原市の大雄寺
官位 従五位下美作正五位従四位
正四位従三位正三位子爵
幕府 江戸幕府
下野黒羽藩
氏族 谷氏水戸松平氏)→大関氏
父母 父:谷衛滋、養父:大関増裕
実父は水戸藩連枝松平頼功とする説もある
正室:鍋島直与
継室:生駒親敬長女・年子
側室:サダ、ウメ、寿子、燐子、敏子、長田タメ、堀江マサ
増輝(長男)、平野長祥継室

大関 増勤(おおぜき ますとし)は、江戸時代末期の大名下野国黒羽藩16代(最後の)藩主。維新後は子爵

来歴[編集]

嘉永2年(1849年)1月5日、丹波国山家藩主・谷衛滋の庶子として生まれる。一説に、常陸府中藩主・松平頼説の三男・頼功の三男とする説もある。慶応3年(1867年)12月に黒羽藩15代藩主・大関増裕の死去により、慶応4年(1868年)3月5日に養子として家督を相続する。

戊辰戦争では新政府に恭順した。11月21日に従五位下美作守に叙位任官する。明治2年(1869年)6月2日、新政府より永世賞典禄として1万5000石を与えられる。6月22日には版籍奉還により黒羽知藩事に任じられ、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で知藩事を免職され、8月15日に東京へ移った。

明治5年(1872年)2月にアメリカへ留学し、明治6年(1873年)に帰国。明治7年(1874年)に大講義に任じられた。

明治17年(1884年)、子爵。明治18年(1885年)7月12日に勲四等、明治20年(1887年)12月26日に正五位、明治25年(1892年)に従四位、明治30年(1897年)7月22日に正四位、明治36年(1903年)6月30日に従三位、明治38年(1905年)8月8日に正三位勲三等に叙され、瑞宝章を授与される。

8月9日に東京帝国大学病院で死去した。享年57。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6634号「叙任及辞令」1905年8月10日。