大関増昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
大関増昭
時代 江戸時代後期
生誕 天保5年10月20日1834年11月20日[1]
死没 安政3年2月25日1856年3月31日
改名 吉之助(幼名)→増昭
戒名 隆徳院殿憲文広武大居士
墓所 栃木県大田原市の大雄寺
官位 従五位下信濃[1]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
下野黒羽藩
氏族 大関氏
父母 父:大関増儀
兄弟 綱一郎、増昭、於鉱(大関増裕正室)
正室:戸田忠温娘・恵美栄
養子:増徳青山忠良五男)

大関 増昭(おおぜき ますあきら)は、江戸時代後期の大名下野国黒羽藩13代藩主。

天保5年(1834年)10月20日、12代藩主・大関増儀の次男として生まれる。天保13年(1842年)12月23日、長兄・綱一郎が早世したため世子に指名された[1]弘化5年(1848年)2月21日に父が隠居したため家督を継ぎ、嘉永元年(1848年)12月16日に従五位下・信濃守に叙任された[1]

嘉永3年(1850年)2月2日に大阪加番に任じられている。安政3年(1856年)2月25日、江戸湯島天神にあった下屋敷で死去した。享年23。

跡を養子・増徳が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大関黒羽家譜』

出典[編集]

  • 『大関黒羽家譜』