大関宗増

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
大関宗増
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 寛正3年(1462年
死没 天文13年(1544年
官位 美作
主君 那須資房
氏族 大関氏
父母 父:大関増雄
増次
養子:高増大田原資清長男)

大関 宗増(おおぜき むねます)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将那須氏の家臣。

大関氏武蔵七党丹党流とされ、那須七騎の一つ。寛正3年(1462年)、大関増雄の子として誕生。

那須資房による那須氏再統一に功があったが、永正15年(1518年)、同僚の大田原資清の才を妬んで主君に讒言し、これを追放して専横を極めた。

天文11年(1542年)、越前国朝倉氏の支援を受けたともされる大田原資清が帰参し、宗増の嫡男・増次に奇襲を掛け増次は敗死、宗増は資清の長男・大関高増を養嗣子として迎えることを余儀なくされた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『史料綜覧』第9編之910 160頁

出典[編集]