大阪スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大阪スポーツ
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社東京スポーツ新聞社関西支社
本社 (大阪府豊中市服部寿町5-92-1→)
(大阪府大阪市北区梅田1-1-3-700→)
大阪府堺市堺区松屋大和川通3-132
高速オフセット堺工場3階)
代表者 太刀川恒夫
(東京スポーツ新聞社代表取締役会長)
創刊 1964年(昭和39年)5月1日
言語 日本語
価格 1部 150円
月極 3,800円
ウェブサイト http://www.tokyo-sports.co.jp/
テンプレートを表示
駅売店に陳列される大スポを含む販売用新聞各紙(兵庫県姫路市姫路駅

大阪スポーツ(おおさかスポーツ)は、東京スポーツ新聞社の関西支社(大阪府堺市堺区)から発行されている夕刊紙である。東京スポーツ(東スポ)の関西・中四国版。

通称「大スポ(ダイスポ)」。1964年(昭和39年)5月創刊。日曜は原則休刊するが、中央競馬3日間開催で翌月曜日の競走の確定枠順を報じる場合は大スポの独自編集による特別版を発行する。また祝日は東スポ・中京スポーツが休刊するのに対し、大スポは特別版を発行して翌日を休刊とする[1]

概要[編集]

大阪府では、大阪新聞大阪日日新聞など地元夕刊紙が長年の強みだったが、大スポは、太平洋戦争大東亜戦争第二次世界大戦)の終戦後初めての東京系夕刊紙として創刊された。その後、夕刊フジ(大阪が発祥の地である産経新聞東京で創刊)、日刊ゲンダイも大阪で印刷・発行するようになった。1991年から2002年にかけて、地元夕刊紙が相次いで休廃刊(大阪日日新聞は朝刊に移行)してからは、大阪府の夕刊紙では最多発行部数である。

記事内容は、公営競技面、テレビ欄、一部の特集記事を除いて東スポと共有。このため大半の記事は東京・江東区越中島の東京スポーツ新聞社本社で制作される。中央競馬面(『競馬ダイスポ』)は2019年(令和元年)7月の福島阪神開催まで関西支社で独自に制作していたが、全競走(最大36レース)馬柱掲載となり集約が可能となったため、同年7月26日付より東スポと共有化され、本社制作に移行した。

創刊当初は大阪府豊中市大阪日刊スポーツ新聞社[2]内に編集局を置き、同所にあった日刊オフセット社の輪転機で印刷されていたが、後に編集局のみ大阪・梅田の大阪駅前第3ビルに移動。その後東スポと毎日新聞グループとの提携関係に合わせて、堺市堺区にある毎日の印刷子会社高速オフセット堺工場ビルに移転した。印刷も高速オフセットが行っている。

なお、東スポグループで唯一、全域で朝刊として発行している西部支社版である九州スポーツの紙面編集を2020年4月より大スポと統合した[注 1]

対象地域[編集]

滋賀県湖西大津市草津市など)・湖南地方甲賀市など)、京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県出雲松江市出雲市など)・隠岐地方隠岐諸島)、岡山県広島県備後地方福山市尾道市など)、徳島県香川県愛媛県高知県三重県伊賀伊賀市名張市)・東紀州地方熊野市南牟婁郡御浜町紀宝町)。

番組表[編集]

※発行日当日と翌日のそれぞれ18時から深夜の番組表を掲載していたが、2018年3月頃をもって掲載を終了した(同時期に東京スポーツも掲載を終了、中京スポーツは基から未収録。朝刊の九州スポーツのみ現在もテレビ欄がある)。

大阪スポーツの人物[編集]

競馬担当記者[編集]

現在[編集]

  • 松浪大樹 - 西日本主場本紙予想担当。グリーンチャンネル中央競馬全レース中継』、ラジオNIKKEI(第2放送・不定期)パドック解説兼任。
  • 石川吉行 - 2013年『ダービーニュース』より移籍。ラジオNIKKEI中央競馬実況中継』(第2放送・不定期)パドック解説、2020年9月12日からラジオ日本競馬実況中継』(土曜1部)関西馬情報コーナー担当。
  • 上田琢己 - 1989年『1馬』より移籍。「西の仕掛け人」の異名で知られ、2019年5月までラジオNIKKEI(第2放送・日曜)『激穴!3連単予想』コーナー担当。ラジオ日本(日曜2部)「万券請負人」コーナーにも不定期出演。
  • 芝井淳司 - ラジオNIKKEI(第2放送・不定期)パドック解説担当。
  • 難波田忠雄 - 中京第三場開催本紙予想担当。
  • 西谷哲生 - ラジオNIKKEI(第2放送・不定期)パドック解説担当。
  • 明神理浩
  • 瀬藤治人 - 兵庫県競馬(園田・姫路)本紙予想担当。2004年『ホースニュース・馬 園田・姫路版』(1986年入社)より移籍。園田・姫路競馬パドック解説・展望番組担当(不定期)。

過去[編集]

  • 杉本博 - 元西日本主場本紙予想担当。
  • 米原聡 - 創刊後暫くから2005年に杉本に交代するまで37年もの間西日本主場本紙予想を務め、「関西のドン」の異名を持つ。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまでは編集・印刷業務をみなと山口合同新聞社=下関市に委託していた。今回の大スポへの編集統合により、印刷についても毎日新聞九州センター・鳥栖市北九州市の工場に変更された。

出典[編集]

  1. ^ 2010年2月からは東スポと中京スポは日曜に加えて祝日も休刊(中央競馬確定時と休日が重なった場合は特別に発行する。日曜・祝日に特別版が発行された場合は翌日休刊)になったが、大スポが祝日に特別版を発行する場合は、宅配読者は翌日の朝刊配達時に家庭に届けられる(その旨が祝日前日発行の新聞にも掲載される)
  2. ^ 日刊スポーツ新聞西日本に移行した後、編集部門を大阪・中之島フェスティバルタワーに、工場を大阪市福島区の新工場に移転のため、2013年閉鎖。