大阪元資産家姉妹孤独死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大阪元資産家姉妹孤独死事件(おおさかもとしさんかしまいこどくしじけん)とは、2011年1月8日大阪府豊中市曽根西町のマンションの一室で、女性2名がやせ細った変死体で発見された事件。二人は元資産家姉妹で、死亡時63歳、61歳であった。極度にやせ細り、所持金はわずか数百円のみで、食料も底をついていた事から、餓死の可能性が疑われている[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

2011年1月8日朝、大阪地裁執行官の求めにより警察官が現場に同行したところ、二人の遺体が発見された。[8]大阪府警察豊中警察署によると、発見時は死後20日以上経過しており死亡推定日は2010年12月22日頃とする[7]。姉の直接の死因は心不全で、妹は不明とされる。胃に内容物がなかったことから、餓死の可能性が高いとする[3]

経緯[編集]

姉妹は元資産家の娘であった。元資産家は地方銀行の重役を勤め[3]、姉妹が住んでいたマンション近隣に土地を多数所有していた資産家であったが、夫妻とも死去し、姉妹2人には相続したとみられる土地建物などの資産のみが残された。姉妹はマンションを建設し自己所有するが[4]、物件の運用に失敗し、税金・保険料などの滞納も含め多額の負債を抱えることになった。やがて土地・建物は次々と差し押さえを受け、最終的に姉妹の住むマンションも2010年4月に民事執行法により裁判所の管理下におかれた。マンションの名義は姉名義の会社であり、債権者は金融機関だった[10]

2010年8月頃、姉妹は近隣の民家から、現場となったマンションの一室に転居した[4]。姉妹に残されたのは、居住し続けていたマンションの一室と、わずかばかり(2009年11月時点で11万円程度[5])の預金以外に何もなかったとされる。また、マンションへの民事執行により、唯一の収入源とみられるマンション住人の家賃収入も、裁判所の管理下に置かれ、姉妹は無収入であったと見られる[9]。さらに、預金も2010年6月には残高ゼロとなり、電気・ガスも2010年9月に止められていた[3]と言う。姉妹は近所の住民から2010年10月に1万円を借りていた。姉妹を最後に確認したのは2010年11月、近所の住民により。姉妹は死亡するまで、生活保護介護認定の申請をしていなかったとみられている[8][5]

裁判所管理下物件であるため2週間に1回、裁判所の担当者がマンションを訪れており、2010年9月に裁判所の執行官がマンションを訪問した際、電気・ガスを止められていた[6]姉妹から今後の生活について相談を持ちかけられたが、執行官はその場では豊中市や警察に相談を勧めるだけであり、執行官が豊中市にその件を連絡したのは差押から3ヶ月後の2010年12月7日[3]であった。MSNサイトの産経ニュースによると[6]、姉妹は執行官から自己破産、生活保護申請を勧められたが、姉妹は拒否したと言う。

2010年9月の訪問を最後に、裁判所執行官や豊中市担当者への応答がなくなったという。裁判所執行官は姉妹からの応答がなくなった以降も、2週間に1回の訪問の際に、連絡を促す手紙を玄関ポストに投函しつづけていたが、姉妹からの動きはなかったという。[6]また、裁判所執行官は豊中市役所に相談に出向くよう、2010年12月7日と2011年1月6日の2回にわたり、マンション玄関に張り紙をしたが、相談にこなかったという[3](なお、死亡推定日は2010年12月22日頃[7])。

一方、2010年12月7日に裁判所執行官から連絡を受けた豊中市の担当者が現場のマンションを訪問することはなく、案内の手紙を玄関ポストに投函するだけだったと言う。また、豊中市担当者は事件までに民生委員に通報もしなかったという[5]

この事態に関して、豊中市は2011年1月9日に緊急の記者会見を開き、遺憾の意を表明し、部内で検証をすると述べた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 元資産家姉妹餓死か、やせ細り室内に数百円だけ 読売新聞 2011年1月10日時点でのアーカイブ 2011年1月9日
  2. ^ 大阪・豊中の変死体:姉は病死と判明 毎日新聞 2011年1月12日時点でのアーカイブ 2011年1月10日
  3. ^ a b c d e f [1] 朝日新聞[リンク切れ]
  4. ^ a b c 「資産家がなぜ」 死亡の姉妹、マンション経営に失敗? 大阪・豊中 MSN産経ニュース 2011年1月12日時点でのアーカイブ 2011年1月9日
  5. ^ a b c d 姉は心筋梗塞、妹は栄養失調か…60代2遺体 読売新聞 2011年1月12日時点でのアーカイブ 2011年1月9日
  6. ^ a b c d 死亡の姉妹、生前に窮状訴え「どうしたらよいか…」 大阪・豊中 MSN産経ニュース 2011年1月12日時点でのアーカイブ 2011年1月9日
  7. ^ a b c 大阪、2遺体身元は60代姉妹 生活困窮、衰弱か 47NEWS 2011年1月9日
  8. ^ a b c 60代姉妹?餓死か 残金数百円 やせ細り 豊中 産経関西 2011年1月12日時点でのアーカイブ 2011年1月9日
  9. ^ a b [2] 毎日新聞[リンク切れ]
  10. ^ a b [3][リンク切れ]

関連項目[編集]