大阪国際大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大阪国際大学短期大学部
大学設置/創立 1962年
学校種別 私立
設置者 学校法人大阪国際学園
本部所在地 大阪府守口市藤田町6-21-57
学部 ライフデザイン総合学科
幼児保育学科
ウェブサイト https://www.oiu.ac.jp/oic/
テンプレートを表示

大阪国際大学短期大学部(おおさかこくさいだいがくたんきだいがくぶ、英語: Osaka International College)は、大阪府守口市藤田町6-21-57に本部を置く日本私立大学である。1962年に設置された。

概観[編集]

大学全体[編集]

大阪国際大学短期大学部は、大阪府守口市内にある日本私立短期大学。設置者は学校法人大阪国際学園

1962年昭和37年)学校法人帝国学園により帝国女子短期大学として設置された。3年後に開学の帝国女子大学(のちの大阪国際女子大学)の併設短大として運営されていたが、2002年平成14年)の大阪国際女子大学と大阪国際大学の統合に伴い、短大名も大阪国際女子短期大学から変更となった。

2学科体制だが、最大4学科の時期もあった。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 大阪国際大学短期大学部の理念は「全人教育」となっている

教育および研究[編集]

以下の学科、コースがある。いずれの学科、コースも男女共学である。

学風および特色[編集]

  • 大阪国際大学短期大学部は大阪国際大学に併設されている
  • 「礼節を重んじ、世界に通じる心豊かな人間の育成」がねらいとされている

沿革[編集]

大阪国際学園グループの源流は、1929年昭和4年)に設立の高等女学校「帝国高等女学校」(文部省告示第11号で認可[1])。太平洋戦争後の1948年学制改革による新制の高校「帝国学園高等学校」(現・大阪国際滝井高等学校)を開校した「学校法人帝国学園」が1962年に「帝国女子短期大学」を、1965年に「帝国女子大学」(のちの大阪国際女子大学)を、1988年に「大阪国際大学」を設立した。

なお、「大阪国際女子大学」と「大阪国際大学」は平成初期のバブル崩壊少子化を受け、大学全入時代に備え2002年平成14年)に統合された。同一法人内の2大学の統合は全国初という[2]

年表[編集]

(開学前の年表は学校法人大阪国際学園の項目を参照)

  • 1962年昭和37年) - 帝国女子短期大学が開学認可、開学(家政科。学生数:77[3][4]
  • 1963年 - 英文科を開設。学生数:女29[3][5]
  • 1976年 - 幼児教育科を増設。学生数:女126[3][6]
  • 1984年 - 国際文化学科を増設。学生数:女381[3][7]
  • 1989年平成元年) - 英文科を英語科に改称。学生数:女276[3][8]
  • 1992年 - 大阪国際女子短期大学(おおさかこくさいじょしたんきだいがく)と改称
  • 1999年 - 英語科を正式に廃止[9]
  • 2002年 - 大阪国際大学短期大学部と改称
  • 2005年 - 幼児教育科を幼児保育学科と改称
  • 2008年 - 家政科、国際文化学科を改組し、ライフデザイン総合学科を設置。ライフデザイン総合学科の栄養士コース、幼児保育学科で男子学生の募集を開始
  • 2010年 - 家政科を廃止[9]
  • 2011年 - 国際文化学科を廃止
  • 2014年 - 幼児保育学科のコース制を廃止。ライフデザイン総合学科のキャリアデザインコース、観光・英語コースを男女共学化
  • 2021年令和3年)- ライフデザイン総合学科を改組し、栄養学科、ライフデザイン学科(観光・英語コース、キャリアデザインコース)を開設(予定)

基礎データ[編集]

費用は初年度145万円(2020年令和2年〉度の実績[10])。

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 大阪国際大学短期大学部のマスコットキャラクターは「チャーミィジェンヌ」となっている

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • ライフデザイン総合学科
  • 幼児保育学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • 保育士資格:幼児保育学科保育コースにて取得できる[要出典]
  • 幼稚園教諭二種免許状:幼児保育学科全コースにて取得できる[要出典]
  • 栄養士資格と栄養教諭二種免許状:ライフデザイン総合学科栄養士コースにて取得できる[要出典]
  • 中学校教諭二種免許状[要出典]
    • 家庭:ライフデザイン総合学科のライフデザインコース(女子のみ)に設置されていた。2012年度入学生まで[注 1]
    • 英語:過去にあった英文科にて設置されていた

附属機関[編集]

  • 図書館:蔵書数は約140,000冊[要出典]


学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 大阪国際大学短期大学部の学園祭は「優花祭」と呼ばれ、毎年10月に行われている

スポーツ[編集]

  • 水泳部が、全日本大会に出場している[要出典]
  • 女子硬式テニス部が、関西三部リーグで優勝[要出典]
  • 陸上競技部が、日本選手権で決勝進出している[要出典]
  • 女子ラクロス部が関西学生ラクロスリーグ戦で優勝[要出典]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 奥田政三:初代学長
  • 奥田省吾:第2代学長
  • 奥田吾朗:第3代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 本館
  • 1号館
  • 2号館
  • 3号館
  • 4号館
  • 5号館
  • 6号館
  • 奥田メモリアルホール
  • 学生食堂
  • 体育館ほか

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

中国[編集]

韓国[編集]

  • キョンウォン大学校[要出典]

系列校[編集]

なお、2022年令和4年)4月、滝井高校と大和田中高を統廃合した「大阪国際高等学校」「大阪国際中学校」が開校(予定[11])。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 官報昭和4年(1929年)1月19日 第615号
  2. ^ 大阪国際学園広報誌「GLOBAL MIND」2014年12月(第58号” (日本語). 学校法人大阪国際学園. 2020年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 出典:『全国学校総覧
  4. ^ 昭和38年度版30頁より。
  5. ^ 昭和39年度版32頁より。
  6. ^ 昭和52年度版50頁より。
  7. ^ 昭和61年度版65頁より。
  8. ^ 1990年度版72頁より。
  9. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』133頁「大阪国際大学短期大学部」の項より。
  10. ^ 検定料及び学費|OIU VOICE - 大阪国際大学 入試情報サイト” (日本語). 大阪国際大学. 2021年1月2日閲覧。
  11. ^ 大阪国際学園広報誌「GLOBAL MIND」2020年夏(第65号” (日本語). 大阪国際学園. 2020年9月30日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 家政科の生活文化コースにて設置されていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]