大阪大学大学院理学研究科・理学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪大学 > 大阪大学大学院理学研究科・理学部

大阪大学大学院理学研究科(おおさかだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、大阪大学大学院に設置される研究科の一つである。また、大阪大学理学部(おおさかだいがくりがくぶ、英称:School of Science)は、大阪大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

大阪大学の理学部は、1931年の大阪帝国大学発足時に医学部とともに設立されたものであり[1]、初代理学部長には真島利行が就いた。初代大阪帝国大学総長長岡半太郎の「勿嘗糟粕」を理念とし、大阪大学の中でも規模の大きな中核的部局となっている[2]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員255名[3]
    • 数学科[4]
    • 物理学科[4]
    • 化学科[4]
    • 生物科学科[4]

著名な出身者[編集]

政治、経済[編集]

研究[編集]

その他[編集]

博士号取得者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「沿革」大阪大学大学院理学研究科
  2. ^ 「メッセージ」大阪大学大学院理学研究科
  3. ^ 「入学者状況」大阪大学
  4. ^ a b c d 学部大阪大学