大阪大学大学院薬学研究科・薬学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪大学 > 大阪大学大学院薬学研究科・薬学部

大阪大学大学院薬学研究科(おおさかだいがくだいがくいんやくがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Pharmaceutical Sciences)は、大阪大学大学院に設置される研究科の一つである。また、大阪大学薬学部(おおさかだいがくやくがくぶ、英称:School of Pharmaceutical Sciences)は、大阪大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

大阪大学大学院薬学研究科は、大阪薬学専門学校を前身とし、1953年に設立された大阪大学の大学院研究科であり、1955年には旧制帝国大学初の薬学部も医学部から独立するかたちで設立された[1]生命科学創薬科学などが扱われている[2]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員80名[3]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「沿革」大阪大学大学院薬学研究科
  2. ^ 理念・目標大阪大学大学院薬学研究科・薬学部
  3. ^ 「入学者状況」大阪大学
  4. ^ a b 学部大阪大学