大阪市立桜宮高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪市立桜宮高等学校
Osaka City Sakuranomiya Senior High School.JPG
過去の名称 大阪市立実科高等女学校
大阪市立桜宮高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
学区 大阪府全域
校訓 知性・敬愛・活力
設立年月日 1916年
創立記念日 11月10日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
人間スポーツ科学科
高校コード 27221D
所在地 534-0001

北緯34度43分37.2秒 東経135度31分25.3秒 / 北緯34.727000度 東経135.523694度 / 34.727000; 135.523694座標: 北緯34度43分37.2秒 東経135度31分25.3秒 / 北緯34.727000度 東経135.523694度 / 34.727000; 135.523694
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪市立桜宮高等学校(おおさかしりつ さくらのみやこうとうがっこう)は、大阪府大阪市都島区にある公立高等学校

普通科のほか、人間スポーツ科学科(各学年120名)を併設している。また知的障害生徒自立支援コースを設置し、別枠の入学試験を実施して知的障害生徒3名を受け入れている。

沿革[編集]

大阪市北区の区会が、大正天皇即位記念事業として泉布観に実科女学校を設立することを決め、1914年3月に設立が認可された。しかし財政難のため開校が延期され、1916年からの開校となった。

1916年4月、大阪市北区実科女学校として開校した。開校当初は第一盈進高等小学校を仮校舎とした。1917年には泉布観の払い下げを受け、同地の一角・大阪市北区新川崎町(現:大阪市北区天満橋1丁目)に移転している。

北区会は1922年6月28日高等女学校令に準拠する教育課程へと学科課程を改正した。大阪市会は1927年2月14日、従来の北区の区有財産としての運営から、市直営の実科高等女学校へと移管することを決定した。直後の1927年4月1日付で大阪市立実科高等女学校に改称している。

1934年4月1日には大阪市立桜宮高等女学校へと改称している。

学制改革により、1948年に大阪市立桜宮高等学校となった。しかし校舎を新制の大阪市立都島第二中学校(現:大阪市立桜宮中学校)に転用することになったことに伴い、大阪市南区西賑町(現:中央区谷町6丁目)の大阪市立南高等学校内に移転し、南高校を間借りする形となった。

このため、当時の名称として「大阪市立南桜宮高等学校」と併称することもあった。

1950年3月には南高校との同居を解き、北区の大阪市立滝川小学校(戦災被害により当時休校中)への移転をおこなった。1953年8月には現在地に新敷地が決定し、1955年5月に新校舎第一期工事が完成した。1955年より3年生が現在地へ移転し、1957年には現在地への全面移転が実現した。

なお旧制女学校時代に使用されていた校地は、大阪市立桜宮中学校が退去したのち、1952年10月より大阪市立北稜中学校が入っている。

1980年には大阪府の公立高校で初めてとなる体育科が併設され、1999年にはスポーツ健康科学科が設置された。

また、先の体罰事件の反省を受けて、2014年に体育科とスポーツ健康科学科を改組し、新たに人間スポーツ科学科を新設した。

年表[編集]

  • 1916年4月1日 - 北区実科女学校として開校
  • 1927年4月1日 - 大阪市立実科高等女学校に改称
  • 1934年4月1日 - 大阪市立桜宮高等女学校に改称
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、大阪市立桜宮高等学校に改称
  • 1948年 - 大阪市立南高等学校内に移転し、同校と同居
  • 1950年 - 大阪市立滝川小学校北区)内に移転し、独立校舎となる
  • 1955年5月12日 - 現在地に新校舎竣工
  • 1957年1月17日 - 新校舎へ完全移転
  • 1980年4月1日 - 体育科設置
  • 1981年6月30日 - 体育館・室内温水プール増改築竣工
  • 1999年4月1日 - スポーツ健康科学科設置
  • 2006年4月1日 - 知的障害生徒自立支援コース設置
  • 2013年1月21日 - 体育科およびスポーツ健康科学科の入学試験中止[1]し、この年は普通科のみの入試となった(ただし体育科とスポーツ健康学科に本来割り当てられている定員の枠はすべて普通科の枠としたため普通科の募集定員はその分増加した)
  • 2014年 - 体育科とスポーツ健康科学科を改組し人間スポーツ科学科を新設した。

部活動[編集]

野球部は、1982年3月に第54回選抜高等学校野球大会に出場した。 水泳部の中野悟は、在学中の1964年、東京オリンピック日本代表に選ばれ、1500m自由形に出場した。

バスケットボール部は、第36回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会第41回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会に出場、第41回ではベスト16に入った。

柔道部では、高校に入ってから柔道を始めた立野千代里全国高等学校柔道選手権大会で3位となった。

女子ソフトボール部は、2011年にインターハイに出場した[2]

2013年2月12日、バレーボール部の監督に全日本女子監督を務めた柳本晶一が就任した[3]

バスケ部体罰自殺事件及び部活動全般における体罰問題[編集]

日本体育大学卒 同高保健体育科教諭 男子バスケットボール部担当男性顧問 はチーム強化・プレー向上には対抗試合の勝利へと繋がる有効手段として暴行を伴う指導が効果的という認識であった。同校においては運動部活動を奨励し、高い成果を目標に掲げていた同校の方針もあり、同顧問の同校赴任当初から始まった殴打と罵声による指導方法は同校父兄や卒業生などから高い評価と全幅の信頼を得て指導上の部員生徒に対する加害行為も事実上、是認・推奨していた、とされる。この同顧問による手腕によって同部は好結果を出し全国大会出場常連チームへと成長、保護者らも熱心に応援し、市内でも有数の強豪チームに育つ。

2011年、同校男子バレーボール部顧問が同校体育館倉庫や更衣室にて6名の同部員生徒に対し200回超に渡る暴行殴打が公益通報で発覚[4][5]、校長(当時・後、更迭処分)は顧問らに対し口頭での質問に留まり「体罰は行ってない」との報告を受け、顧問らによる隠蔽が行われた[6]。また各屋内運動部顧問らが部員生徒を体育館倉庫に連れ込み集中的な指導を行う事を部員間で「倉庫イン」と呼称し、活動中に外傷を負って流血で汚れた衣類を脱いで着替えさせる指示を顧問らが行っており、複数の部活動での暴行指導が横行・常態化していた。

2012年12月、事件発生4日前、同部主将男子部員が同部の指導方法に疑問と私見を書き連ねた文書を顧問に渡そうとするが他部員が引き止めたため文書が顧問に渡ることは無かった[7]。家族への謝罪と部活動継続が困難な旨をルーズリーフに認めた遺書が同文書と共に葬儀後に自室で見つかった。

2012年12月22日、同部顧問が当該男子部員に恒常的な怒号と暴行を伴う指導を与え続け、当該男子部員の顔面や頭部を30~40回程度殴打した[8]。この暴行傷害の現場は観覧者によって撮影され動画に収められた。同男子生徒は母親の気分を害さないよう血痕による汚れが無いか確認して帰宅。

2012年12月23日早朝、同男子生徒宅の自室で同校指定のネクタイで首を吊り心肺停止状態の息子を母親が発見、搬送先病院にて死亡を確認[9][10]

  • 2013年1月5日、当該教諭は自死生徒宅を訪問した後、電話連絡で遺族両親に同校で指導者として復帰と部活動継続する旨の許諾・了承の言質を得ようとするが、自身の職権維持の確約を促し、さも優先させたいかのような自己保身とも取れる要望に悪感情を抱くに至った遺族は、同顧問を相手取って刑事告訴へと踏み切る[11][12]
  • 2013年1月8日、大阪市が同校内外の実態解明の調査を実施。
  • 2013年1月15日、大阪市教育委員会は、男子バスケットボール部・男子バレーボール部、両部活動の無期限停止及び、校長の更迭を決定[13][14]
  • 2013年1月21日、同市教育長を本部長とし20人で構成する「体罰・暴力行為等対策本部」を設置。
  • 2013年1月21日、同市教育委員会は同校の体育科およびスポーツ健康科学科の入学試験中止の決定、2013年度の同校入試受付は普通科限定となった。この決定を受けて父兄や同校同科への入学希望者から驚きと動揺の声が挙がり、橋下徹大阪市長(当時)に対する反発や批判が出た[15]
  • 2013年1月22日、同市教育長が同校を訪問、在籍教諭らへ経緯と今後の対応を申し渡し、在校生徒らからの質問を受け付ける場を設けて聞き取り調査、この調査結果により2つを除く全ての部活動で顧問による体罰と称する暴行や暴言が横行していた実態を同市長が明らかにした[16][17][18][19]。保護者間では同顧問を擁護し暴行を伴った指導を容認、同顧問に対する犯罪者扱いのような媒体の反応に困惑する声もあったが同市長はこの擁護と復帰支援の要請を「狂っている」と拒絶[20]
  • 2013年2月12日、保護者ら1100人からなる「有志」が同市教育委員会に、当該顧問への寛大な処分を求める嘆願書を提出[21]。後、当該教諭は懲戒免職処分の決定。この報に同市長は、「一線を超えた完全な暴力行為。処分内容は妥当だと思う」と述べた。
  • 2013年3月4日、元顧問が『ニュースウオッチ9』(NHK)に出演した[22]
  • 2013年6月、日本バスケットボール協会理事会において当該元顧問の公認コーチ資格を取り消す処分[23]
  • 2013年7月4日、元顧問は暴行と傷害の罪で大阪地検に在宅起訴された[24]
  • 2013年9月26日、大阪地裁(小野寺健太裁判官)において元教諭は自死に至った責任を自ら認めたが、予見可能性については否定。懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡し、即日結審[25][26][27]
  • 2014年1月16日、同市教育委員会は同事案にかかる外部監察チームからの報告書を受領。
  • 2016年2月24日、東京地裁(岩井伸晃裁判長)は「体罰と自殺には因果関係が認められる」とし、体罰と自殺の因果関係を認め、大阪市に計約7,500万円の賠償を命じる判決[28]
  • 2018年2月16日、大阪地裁(長谷部幸弥裁判長)は元顧問に対して、延滞損害金を含む賠償金(約8720万円)の半額(約4360万円)を支払うよう判決[29]

事後[編集]

大阪市はこの自死事件を受け、市内公立校部活動指針の策定や相談窓口などを設ける。

他、事後詳細は” 大阪市立桜宮高等学校生徒がお亡くなりになったことに関する教育委員会の対応”を参照(※PDF) 大阪市 2014年1月16日

著名な出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桜宮高「体育科」入試を中止 「普通科」で実施 大阪市教委決定”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年1月21日). 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ 地区大会優勝校インタビュー”. JSコーポレーション (2011年7月). 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ 桜宮高校改革担当に柳本氏 女子バレー全日本元監督 朝日新聞 2013年2月12日
  4. ^ 体罰後に自殺した生徒の先輩らが語る学校・部活の体質―シンポジウム「きょうだいらが語る『指導死』」より BLOGS 2017年11月2日
  5. ^ 後に停職3か月の懲戒処分、研修を受けて現場に復帰
  6. ^ 島沢優子『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実』105頁
  7. ^ 「しばけば解決するのか」 桜宮高自殺生徒の手紙全文 朝日新聞 2013年12月22日
  8. ^ 島沢優子『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実』96頁
  9. ^ 強豪バスケ部主将 体罰自殺”. 日刊スポーツ (2013年1月9日). 2013年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  10. ^ Osaka high school student commits suicide after abuse from basketball coach japandailypress Jan 09, 2013
  11. ^ 島沢優子『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実』84頁
  12. ^ 自殺生徒の両親を激怒させた元顧問の「電話」…桜宮高体罰問題はこうして刑事事件に発展した 産経WEST 2013年9月28日
  13. ^ バスケ部を無期限活動停止に 桜宮高校”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年1月15日). 2013年1月22日閲覧。
  14. ^ 『桜宮高校長を更迭へ…バスケ部主将自殺』スポーツ報知(2013年1月24日)
  15. ^ 桜宮高入試問題 子どもの夢が奪われる 東京新聞 2013年1月22日
  16. ^ 島沢優子『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実』106頁
  17. ^ Basketball coach apologizes at wake for abusing student who committed suicidejapandailypress Jan 09, 2013
  18. ^ 桜宮高、他の部でも体罰確認 常態化を示すデータも”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年1月21日). 2013年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  19. ^ 複数の部 体罰や暴言 桜宮高 全生徒・教員調査で”. 東京新聞. 中日新聞社 (2013年1月22日). 2013年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  20. ^ 桜宮高校体罰自殺問題、顧問をかばう声も…保護者の本音と、橋下市長国政出馬のサイン Business Journal 2013年12月
  21. ^ 桜宮バスケ部顧問に「寛大な処分を」 1100人嘆願書にネットで批判噴出 Jcastニュース 2013年2月15日
  22. ^ 「まだ生きていられるんだな」「彼の今後を見守りたい」 桜宮高校バスケ部元顧問、テレビで謝罪に賛否両論”. J-CASTニュース (2013年3月5日). 2014年1月5日閲覧。
  23. ^ “大阪・桜宮高のバスケ元顧問、公認コーチ資格取り消し”. 朝日新聞. (2013年6月22日). http://www.asahi.com/sports/update/0622/TKY201306220134.html 2013年6月28日閲覧。 
  24. ^ 体罰のバスケ部元顧問を在宅起訴 大阪地”. 産経新聞 (2013年7月4日). 2013年7月31日閲覧。
  25. ^ Basketball coach gets 1 year prison sentence for beating student who committed suicide japandailypress Sep 26, 2013
  26. ^ 『自殺生徒の両親を激怒させた元顧問の「電話」…桜宮高体罰問題はこうして刑事事件に発展した』MSN産経ニュース(2013年9月28日)
  27. ^ 「桜宮高校体罰事件」に判決 - 被告の深い反省が逆に体罰問題の解決を難しくする? huffingtonpost 2013年9月28日
  28. ^ 桜宮高校バスケ部の体罰自殺事件 東京地裁 体罰と自殺の因果関係認める』MSN産経ニュース(2016年2月24日)
  29. ^ 市賠償の半額分支払い、元顧問に命令 桜宮高校バスケ部の生徒自殺 ハフィントンポスト 2018年2月17日
  30. ^ 校長挨拶 大阪市立桜宮高等学校

参考文献・資料[編集]

関連項目[編集]