大阪市電春日出車庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大阪市電春日出車庫は、かつて大阪府大阪市此花区島屋3丁目にあった大阪市電車庫

概要[編集]

1923年大正12年)9月に、当時の大阪市西区春日出町(現在の大阪市此花区島屋3丁目)に開設された。

建屋は5棟で構成され、単車で192両収容可能であった。車庫の増築も行われたが、1945年昭和20年)6月1日アメリカ軍爆撃機B29による空襲を受けて全焼した。その後しばらくは復旧されずに放棄されていたが、終戦から2年目の1947年(昭和22年)8月にようやく復旧された。

鶴町車庫と同様に海抜の低い低地帯にあったため、度々風水害を受けた。また、車庫の近隣に日本国有鉄道西成線(現在の西日本旅客鉄道桜島線の一部)が通っていたため、他社への譲渡車両の運搬基地となり、さらに余剰となった市電車両の解体場所ともなった。

1969年(昭和44年)2月1日大阪市電西野田線(兼平町・島屋町間)の廃止に伴い、廃止された。

跡地は大阪市営バスの春日出営業所となったが、1994年平成6年)12月に閉鎖され、機能は新設の酉島営業所に移された。

関連項目[編集]