大阪市電東野田沢上江町線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大阪市電東野田沢上江町線(おおさかしでんひがしのだかすがえちょうせん)は、東野田九丁目駅 - 都島車庫前駅を結んでいた大阪市電期外線の路線。

路線概要[編集]

  • 起点:東野田九丁目駅
  • 終点:都島車庫前駅
  • 軌間:1435mm
  • 架線電圧:直流600V

データは廃止時点のもの

沿革[編集]

  • 1926年大正15年)4月15日:東野田九丁目駅 - 東野田駅(仮終点)間、および沢上江町駅(仮終点・初代) - 都島車庫前間を開業。
  • 1926年(昭和元年)12月28日:沢上江町駅(新設終点) - 沢上江町駅(仮終点・初代)間を開業。
  • 1927年(昭和2年)5月11日:沢上江町駅(仮終点・2代) - 沢上江町駅(新設終点)間を開業。沢上江町駅(新設終点)を廃止。
  • 1928年(昭和3年)12月29日:東野田駅(仮終点) - 沢上江町駅(仮終点・2代)間を開業。東野田駅(仮終点)を廃止。
  • 1929年(昭和4年)5月20日:沢上江町二丁目駅を開業。
  • 1930年(昭和5年)ごろ
    • 沢上江町駅(仮終点・初代)を沢上江町四丁目駅に改称。
    • 沢上江町駅(仮終点・2代)を沢上江町六丁目駅に改称。
  • 1936年(昭和11年)ごろ
    • 沢上江町六丁目駅を都島南通駅に改称。
    • 沢上江町四丁目駅を都島中通駅に改称。
    • 沢上江町二丁目駅を都島本通駅に改称。
  • 1940年(昭和15年)ごろ:都島車庫前駅を都島駅に改称。
  • 1944年(昭和19年)6月1日:戦時体制下での急行運転のため、東野田九丁目駅[1]、都島南通駅、都島中通駅、都島本通駅を廃止。
  • 1945年(昭和20年)
  • 1946年(昭和21年)4月1日:全線運行再開。都島南通駅、都島中通駅、都島本通駅を復活。
  • 1968年(昭和43年)5月1日:全線廃止。

駅一覧[編集]

駅名 キロ程 接続路線
(東野田九丁目交点) 0.0 大阪市電:天満橋善源寺町線
都島南通駅 0.2  
都島中通駅 0.8  
都島本通駅 1.1 大阪市電:梅田善源寺町線[2]都島守口線
都島車庫前駅 1.4 大阪市電:梅田善源寺町線[2]

廃駅[編集]

  • 東野田駅(仮終点)(東野田九丁目交点 - 都島南通駅間):1928年(昭和3年)12月29日廃止。
  • 沢上江町駅(新設終点)(都島南通駅 - 都島中通駅間):1927年(昭和2年)5月11日廃止。

系統[編集]

10系統11系統12系統14系統23系統が走っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東野田九丁目駅では天満橋善源寺町線と接続しており、駅の廃止後も路線の接続が残った。
  2. ^ a b 都島車庫前駅 - 都島本通駅間は東野田沢上江町線と梅田善源寺町線が重複している。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』10 大阪、新潮社、2009年2月18日。ISBN 978-4-10-790028-9。
  • 辰巳博『JTBキャンブックス 大阪市電が走った街 今昔 水の都の路面電車 定点対比』福田静二、JTB、2000年12月1日、初版。ISBN 4-533-036511。