大阪市電梅田車庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大阪市電梅田車庫(おおさかしでんうめだしゃこ)は、かつて大阪府大阪市北区小松原町にあった大阪市電車庫

概要[編集]

1909年明治42年)10月に着工し、1910年(明治43年)12月に、当時の大阪市北区北野小松原町(現在の大阪市北区小松原町)に開設された。

市電の運行上の都合から、1915年大正4年)から1917年(大正6年)までは、大阪市電の車両工場の付属機関としての役割も兼ねるようになり、一部の車両の修繕も行っていた。

なお、この間に車庫内にループ線が敷設され、出庫・入庫の便の向上が図られた。

1923年(大正12年)4月に廃止され、跡地は大阪富国生命ビルになっている。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度42分08秒 東経135度30分00秒 / 北緯34.702331度 東経135.500049度 / 34.702331; 135.500049